今ここにある危機と将来の危機


こんばんは。
年明けからコロナウイルスの問題が出始めて4カ月以上が経過します。
色々な問題が出てきました。

・現金給付の問題
・アベノマスクの問題
・緊急事態宣言解除の問題
・PCR検査の不足の問題、、

今回のコロナで発生した問題と日本が元々か抱えていた問題が複雑に関連しあい、そこに政治家や官僚、団体の利権や世論の流れなどが絡みより一層問題を難しくしています。

政府は弱い人間を本気で救う気はない

このようなウイルス危機は確かに前例のない対応であるため、判断を誤るようなこともあるかもしれません、でもそれを差し引いても政府の対応はお粗末だと思います。

2月、3月の段階で指摘されていた問題が未だに解決されずにくすぶっています。
ようやく決まった、10万円給付もアベノマスクもまだ配られていないし、そうこうしている間に飲食店や中小企業はどんどん潰れていく。(そもそも今の状況で10万もらったところで、、というのもありますが。)

政府の対応にスピード感が無く、判断や根拠も曖昧、そして彼らは国民ではなく別の『何か』を気にしているようです。

そんな様子を見れば政府は本気で国民を救う気が無いのだろうと感じてしまいます。


将来って結局今の延長

もともと日本には将来的には色々な問題を抱えている状態でした。

・少子、高齢化の問題
・年金の問題
・中国からの侵略の問題、、、

挙げればきりがありません。

これらの問題は政府も認識はしているのでしょうが、今のコロナ危機程の切迫感をもって対応はしていないでしょう。『まだ先の話だし、、』という感じでしょうか。

でも直近の問題であるコロナ対応ですらあの体たらくなのに、先ほど挙げたような日本の将来的な問題に真剣に取り組んでいくのでしょうか。そんなことは多分ない。間違いなく何もしないで将来まで突き進むでしょう。


ーー
当初から抱えていた将来的な問題に加えて、今回のコロナ危機で日本はさらに弱る、そして弱った日本を企業を外国が買い叩いてくる。
経済が弱くなり、結果国の力も弱くなる。

そんな日本を外国は放っておかないでしょう。
それが経済的侵略なのか軍事的侵略なのかわかりませんが、国が衰えていくということはきっとそういう事なんだと思います。

でもきっと何もしないで先送りし続けるのでしょう。

彼らの優先順位は日本(国民)が最初ではないから。
うすうす思ってはいたが今回の件で確信に変わりました。




0 件のコメント :

コメントを投稿