なんやかんやで経済成長は続く


こんにちは。
在宅ワーク続き、それに伴いいくつか不満を感じていることがあります。

・会社支給の携帯の電池の持ちが悪くなった。

・在宅の時間が増えて少し太った。

・議事録を書くのが面倒だ。(これは前からだけど)


こんなことを思った時に、『ああ、きっとこのあたりの問題も将来的には解決されるんだろうなぁ。』と漠然と思ってしまいました。

そのうち寿命が驚異的に長いバッテリーが開発されるだろうし、いくら食べても太らない味のいい食品がきっとスーパーに出回る、打ち合わせの内容を記録して発言者の声まで識別したうえで文字起こしをしてくれる会議システムもそのうちできるだろう。

より快適にリモートワークができるようになるのかもしれない。


コロナの件は問題が長期化するのか、収束に向かうのか全く先が見えない状況が続いています。航空業界をはじめとした大企業も影響を受ける中、経済の成長に疑問を持つことがこれからあるかもしれない。

でもきっと人間に先ほどのような何らかの不満や、現状をより良くしたいという思いがある限り、人間も企業も成長し、新しい商品やサービスを作り出し最終的には世界経済も成長していくのだろう。

これから直近は大きな波乱があるのかもしれない、想像以上の暴落が来るのかもしれない。でもきっとそれらすらも後から振り返って見れば誤差のようなものなのだろう。


もっと早く、もっと便利に、もっと楽しく、もっと健康に、、、


そんな人間の本質的な欲求がある限り、技術は進歩していくし世界経済は成長していく。




時々暴落はするだろうけど長期で見ればきっとなんやかんやで世界経済は右肩上がりで成長していく。

なんやかんやで。。




2 件のコメント :

  1. 現実は
    もっと早く、もっと多く、もっと安く、もっと丁寧にと言われて疲弊していく

    返信削除