何だかわからんけど収束してきたからよし!


こんばんは。
東京も含めコロナウィルスの緊急事態宣言が解除されましたね。
うちの会社はまだリモートワークが続いていますが、きっとこれから少しづつ出勤やクライアント先への移動も増えていくのでしょう。

結局結果だけを見れば、日本のコロナの被害ってアメリカやイタリヤ、ロシア、ブラジルなどと比べてすごく限定的に抑えられているのではないかと思います。発表されている数値が正しいのかという話はありますが、それを踏まえてもやはり他所の国よりも被害が少ない。(強制的なロックダウンをしていないにもかかわらず。)

なぜなんでしょうか?

・日本は他国と比べて衛生観念がきっちりしているから。
・海外と日本で流行しているウィルスの型が違うから。
・国民が自粛に協力的だったから。
・日本語自体が飛沫感染しにくい言語だから

色々諸説ありますが結局のところよく分からない。が正直なところでしょう。

ーーー

ちなみにシステムエンジニアとしてシステムの運用をしていると、障害対応というものが発生します。
今まで利用できていたシステムが突然使えなくなる、、、
検索ボタンを押しても、検索結果が返ってこないで画面が真っ白になって固まってしまう。
その都度お客から電話で呼び出され、お叱りを受けます。

障害の原因は色々あります。

NW機器のスループットが低下していた、、
データベースの検索処理に遅延が発生していた、、
WEBサーバのメモリが不足していた、、
クライアントの接続セッション数の上限値を超えていた、、

など障害の発生状況から少しずつ問題を切り分けしていき、障害が発生した真の原因を突き止めて復旧を行います。

でも時々なんか分かんねーけど復旧した。っていう障害があるんです。

本当の原因にたどり着く前に状況が改善してしまう。
事後で色々調べてみても根本的な原因はわからない。でも現時点はもう正常に稼働しているからひとまずそのまま運用を継続する。

そんな感じで進めてしまうのです。

でもそれをすると大体、何日か後にまた同じ障害が発生して痛い目を見ます。

これをやらかすと、昔の上司に決まって、
『またやったの?馬鹿だなオメーは!!』(懐かしい、、遠い目)

と怒られたものです。


今の日本のコロナの対応を見るとなんかダメな障害対応と似てるんだよね。
原因はわからないけど、まぁ取り合えず改善したから良くね?
そんなノリ。

確かに状況は良くなっているのだろうけど、コロナに関する様々な疑問や外国と比較して感染が抑えられている理由について合理的な説明ができない部分がまだ多く残っている。

本質的な部分を理解しないまま、状況だけが改善した場合って大体また同じ問題が再発したりするんだよね。(経験談)

『馬鹿だなオメーは!!』

そんな感じで国民にまた怒られることがなければいいのだが。。




0 件のコメント :

コメントを投稿