魂の無い投資をしてはいけない


こんにちは。
今回のコロナショックによる市場の暴落で個人的に『やっちまったなぁ。。』ということがあるのでメモしておこうと思います。

やっちまった投資

私は基本的には米国インデックスに長期投資をしており、直近の市場がどれだけ暴落しようがあまり気にしないのですがただ一つ例外があります。

それがEIDO(MSCIインドネシアETF)
これが直近の暴落をうけてえらいことになっています。

直近のチャートです。


現在のところ-1,700,000円の含み損です。

うん、、、やっちまったぁ(白目)

だらだらホールドした結果、、、

これにつきます。

そもそもこのETFを買った理由なんて、インドネシアは将来的には人口は増えるし、長期的には経済成長するんじゃね?新興国なら米国とは別相関で値動きするしサテライト的にいいかな。

そんな感覚で資産の10%程度を目安に買っていました。もうかれこれ4年ぐらいの付き合いですかね。

でも長いことホールドしていくうちに少しずつこのETFに疑問を持つようになってきました。

・そもそも経済成長(GDP成長)=株価の上昇ではないこと
・米国が下げれば結局引きずられてインドネシアもさげること
・人口は将来的に増えるがインドネシアから世界的な企業は生まれなそうなこと

そんな感じで長期保有に対してここ1、2年は『?』がともっていました。
隙あらば売却して、全部米国インデックスに乗り換えようとずっと思っていました。

去年も度々このブログでも売ろう売ろうと書いていたのですが、、、
結局売らずだらだらホールド。。

そして今回のコロナでこの有様。

投資をする以上自分なりの仮説に基づいて投資をするものです。そして仮説が信じられなくなった時はさっさと売却すべきなのですが、それが出来ませんでした。

拠り所を失い、魂の無い含み損を抱えた投資というのは非常につらいものがあります。
ああ、この子どうしようかな??

流石に今は売りたくないからもう少し持ち直してから売却したいところだけど、きっとこのままダラダラ持ち続けるのでしょうね。

しばらく塩漬けやな、


0 件のコメント :

コメントを投稿