【日銀】壮大な社会実験が続く日本【政府】


こんばんは。
コロナウイルスの緊急経済対策として国民1人に10万円の支給が決まったようですね。
現金支給については散財議論が拗れに拗れたうえでの支給決定となりました。
理由は色々ありますが、結局日本の財政問題に起因することが大きいのでしょう。

この議論は色々諸説飛び交ってい中々難しテーマだと思いますが、何となく自分の理解のために一度書いてみようかと思います。

政府の借金は増えても問題ないのか?

政府が財政出動をしたがらない理由としては結局、財源がなく借金(国債)で賄う必要があるため、財政健全化を目指す政府や財務省の方針と相反するからということでしょう。(本音は知りませんが。)

この議論をすると、お決まりの『国民1人当たりの借金のは~』とか『日本の財政破綻は秒読みで~』みたいな話しが出てきます。

そんな政府や財務省に対して
『財務省の緊縮財政策は間違っている!』
『政府はお金をばら撒いて経済対策をドンドンするべきだ。』
という意見を今回のコロナ騒動で多くの識者から聞くようになりました。

この識者たちの意見の根拠は、
政府は自国通貨建ての債務で破綻することはないという理論(いわゆるMMTというやつ)ですね。

実際のこの理論は正しいのでしょうか?
よく分かりませんが、考えられる範囲で考えて見ようと思います。

政府が財政出動を続けるとどうなるか

ここから先は自分の理解を書いていきます。(少し間違っているかもしれませんが)

先ほどの識者が言う『政府はお金をばら撒く』と言いう具体的な手段ですが、結局は政府が国債を発行しそこで得たお金を国民に給付という事だと思います。

では政府が発行した国債は誰が『次に』買い取るのか?
日銀でしょうか?

今の国債市場のメインプレーヤは既に日銀になっており、もう半分近くの国債を日銀が持っている状態になっています。
日銀は日本円を刷れるので、その発行したお金で国債を買い取る。
それが出来れば、その仕組みを延々続けることで回していく事は出来そうですが実際は日銀による新規国債の直接引受け(政府から直接買い入れる)は禁止されています。

では日銀はどこから国債を買い入れるのか?
それは民間銀行が保有している国債を買い取るということになります。

国債の流れ

つまり国債の流れとしては

①政府が国債を発行する
②民間企業(主に銀行)が国債を買い取る
③日銀が民間企業の持っている国債を買い取る

という流れであり、間に民間企業をかませないと基本的には日銀は国債を買い取ることは出来ません。

<懸念点その一>
この流れで考えると②の民間企業が国債を買い入れてくれない場合、政府は資金調達ができないということになります。②が成立しなかった場合、国債は海外に買ってもらう(ドル建ての国債などでしょうか)ことになり、この状況になると『自国通貨建ての借金』とう前提が崩れ、ギリシャやアルゼンチンなどと同様にデフォルトする可能性は出てきます。

お金の流れ

では仮に前述の②民間企業が永遠に国債を買い続け、それをさらに③日銀が買い取るというスキームが持続可能であるとした場合、発生しうる問題はなんでしょうか?

政府は永遠と国債を発行し続けます、国債の返還期限が来たらさらに国債を発行してそれそを民間企業が買い取り、さらに日銀がお金を刷って国債を買い取る流れが続きます。
そうすると市場にお金が大量に供給される続けることになります。

①民間企業は国債購入のため政府にお金を支払う
②中央銀行は新規に円を刷って民間企業から国債を買い取り代金を支払う
③政府は国債発行で得たお金を国民にばら撒く


こんな感じになります。つまり②日銀による円の発行と③の政府がお金を国民にばら撒くが永遠に続くことになり、市場に出回るお金の量が増えていきます。

<懸念点その二>
お金の通貨の発行量が増えるということはインフレになる可能性が高くなります。ハイパーインフレとは言いませんが、過度なインフレを防ぐためにも永遠と上記の仕組みを続けることは難しいのではないでしょうか?
結局、インフレの様子を見ながら国債の発行額を調整する、または税金という形で政府は市場からお金を回収し、日銀に返済することで通貨の発行量を抑える。
といったことになり、打出の小槌のような政策になることはなさそうです。

結局はよく分かんね。

以上のように政府が国債を発行し続け、債務を増やし続けると上記のような懸念点がありそうですが確かに直ぐにどうにかなる問題ではないのかもしれません。
そういう意味では大規模なMMTのような財政出動も今の段階ではまだ有効なのかもしれません。

ただとにかくお金をばら撒けばいいという政策ではなく、国債の消化状況と通貨の発行量を見ながらある程度ブレーキ掛けながら進めていく政策であるような気がします。

あとはブレーキを掛ける判断をどのタイミングでするか、、ということでしょうか。
適切にコントロールが出来れば一定の効果はある政策な気がしますし、制御するつもりがなければ愚策になるということでしょう。

ここでは財政出動を続ける政策を『良い、悪い』と言及するつもりは特にありません。
色々書きましたが、やってみないと分からないよね。というのが正直な気持ちです。

だだこれからの日本は今まで経験もしたことない未体験ゾーンに踏み込んでいく事は確かです。何かとんでもないことが起こるのか、それとも何も問題なく平和な日常を取り戻すことが出来るのか。

壮大な社会実験は続きます。




0 件のコメント :

コメントを投稿