基本に立ち返って生きる


こんばんは、コロナの影響で相変わらずの日々が続いていますね。自粛も延長になりそうで先の見えない今の状況に少し不安というか、憂鬱というか、あまりいい精神状態でない人は多いと思います。

そこに拍車をかけるようにネットから様々な情報が入ってきます。コロナは年単位で長期化する、リストラ、倒産の嵐になる、日本は衰退の一途をたどる、役に立たない政府の愚痴、、、

そんな情報に汚染され、心が弱ると人は簡単に他人に思考を委ねてしまうし、騙されてしまう。不安や疑心暗鬼が常に付きまとい何を信じていいか分からなくなる。

心が弱った時はどうすればいいのか

そんな時ほど自分の本質をよく思い出し、基本に立ち返って生きるしかない。

生きて行くうえでの自分の『型』みたいなものだろうか、個人のバックグラウンドや経験がベースになるので基本の型と言っても人によってそれは異なるかもしれない。

ピンチに相対したとき、ガンガンアクティブに攻めることが基本の人もいれば、じっと我慢して嵐が過ぎ去るまで耐える人もいる、さっさと逃げてしまう人もいる。

でも精神的にブレない生き方という意味ではどれも同じだろう。

メディアの意見や周囲の雑音に影響されずに自分の型を貫く。
そうすることで精神は安定していく。


自分の『基本』はなんだろうか?

そこで自分の基本って何だろう?と考える。

何となくだが、攻めでもなく、守りでもなく、逃げでもない。
粛々と生きることだと思う。

日々やるべきことを設定して粛々とそれを実行していく。
それを積み上げていく、そんなところだろう。


地道に働き給与を得る

無駄遣いをしない

貯蓄を増やす

積み立て投資を継続させる

自己研鑽を怠らない

働き過ぎない(←超重要

適度に運動する

しっかり睡眠をとる

しっかり食事をとる

いらないモノは捨てる

部屋を綺麗にする

シンプルに生きる


こんな感じかな。

当面は厳しい日々が続くかもしれないが、
遠い未来を見るでもなく、足元をばかり見るでもなく、自分の少し斜め下を向いて粛々と歩く。

粛々とそれを続けるしかない。

そうすればきっと気づいたころにはこの停滞も、世の中も少しは上向いているはずだ。



寝よ。




0 件のコメント :

コメントを投稿