やっぱり自分の頭で考えよう。


こんばんは。
コロナウィルスの影響で日本を含めた、世界の行方が混沌としてまいりました。

それに伴い様々のメディアの情報も一貫性がなくなり、日によって情報は右往左往。混乱の様子が十分に伝わってきます。

私たち一般人が情報を得るための手段としてはマスコミ(TV、新聞)からの情報、あとは個人のブログやツイッター、Youtubeなどがあります。

朝の通勤の時間などでその情報を一通りチェックしたりするのですが、本当に言っていることが媒体によっても全く違うし、さらには同じ媒体でも日によっても言う事が違うので『何を信じればいいんだ?』という心境がつづいています。

ちょっとに10日ほど前、ドル円が112円に一気に円安が進んだときは、ブログやYouTubeでは今後、『ドル円は160円を目指す!』とか、『今後、円安が進むこれだけの理由』みたいな記事がたくさんアップされていたのに、最近は一気に105円まで円高が進めば、手のひらを返したように、『ドル円は100円を目指す!』と『円高が進む10の理由』みたいな記事が出てきます。

コロナウィルスにしても『暖かくなればウィルスは拡散しない。』という意見もあれば『ウィルスが世界規模へのパンデミックへ!』みたいな記事が出て主張も見解もバラバラです。

刻一刻と状況が変化する中で、情報発信者の考えや意見にも一貫性がなくなり、単純に状況に踊らされるだけの情報になり、さらにそこに広告収入やPVを稼ぐための情報の誇張や大げさなタイトルなどが相成り、余計に情報をカオスに混沌にしていきます。

ダウや日経平均の最近のボラティリティを見ても十分動揺が伝わってきます。

何が正しいのか、何処までのレベルで信じていいのか、周りがどう動いているのか。
昔と違い入手できる情報が多くなるほど、情報に踊らされてしまう今の社会。


結局個人で出来ることと言えば情報を十分に吟味したうえで自分の中で一つづつ答えを出して進んでいくしかないのでしょう。

幸いにも今の世の中は一つの問題に対しても、肯定的な意見と否定的な意見両方にアクセスすることが出来る環境です。

見解の異なる意見を十分に吟味し『自分の仮説』をキチンと立てること。
そしてそれに身を委ねる勇気を持つこと、それだけなのだと思います。

安易に『正解』を求めるのではなく、自分の頭でしっかり考えて『これでダメならしゃーない。』と失敗を受入れられる選択を自分でしていくしかないと思っています。

『コロナウィルス問題』然り、

『会社員オワコン説』然り、

『日本経済は衰退へ論調』然り、

『老後2000万円問題』然り、

自分の中での結論をしっかり持とう。

自分の頭で考えよう。



0 件のコメント :

コメントを投稿