政治家の優先順位


こんにちは。
コロナショックに伴う日本政府の経済政策の対応について、色々な政策が飛び交っていますが、さすがにこの政府まずいな、、、と思うようになりました。

想定以上に経済への影響が大きく特に飲食店や中小企業への打撃は相当のようです。
そんな中、経済支援策として当初出ていた現金支給の話は立ち消え、いつの間にか商品券とか和牛券とか旅行券などの『???』という政策に変わってきています。

失業した人や中小企業の経営者にとっては『今日を生きる』ための資金が必要なのに、利用方法が限定されている商品券、、、

この政策に、政府はバカだとか、何も考えていないなどの意見があると思いますが、私個人としては多分そんなことはないと思っています。(政府だって国民のことを考えれば当面をやり過ごせる資金を早急に配ることがいいということは分かっているはずだと思います。)

それをやらず商品券とか旅行券とかわけわからない話が出てくるのは、単純に国民より優先したい何かがあるという事だと思います。(それが既得権益なのか、支援してもらっている業界団体なのか、霞が関なのかは諸説あると思いますが。)

結局、この混乱の中で彼らの中での優先順位が明確になっただけと言う事なのかもしれません。(それでも優先順位を変えてもらうように声を出し続けることは重要だとは思いますが。)

そこを見抜けないで、深く考えずに選挙で政治家を選んできた国民も十分反省するところなのでしょう。

次の選挙は少し考えないけないなぁ、、、
とはいえ誰を選べばいいのか。。






0 件のコメント :

コメントを投稿