PFFを売却していこうと思う


こんにちは。
2019年の投資方針としてキャッシュを積み上げることを目標に資産運用を行ってきました。その活動の一環として今保持しているPFF(米国優先株式ETF)を今後、売却していこうと思っています。ある程度期間を分けて少しずつ減らしていこうと思います。


定期収入はひとまず給料でいいじゃないか

もともとは定期的なインカムが欲しくて始めたPFFへの投資(分配金6%前後は中々魅力てきでした。)でしたが、そもそもを言うと私は今現在、仕事をして定期収入があるわけで、あえて分配金戦略をとる必要性はあまりないと感じるようになりました。

定期的におこずかいのように収入があることは喜ばしいですが、インカムの確保は労働所得に当分は専念させようと思っています。

そう考えると値上がり益は大して見込めず、さらに不況時にはしっかり下落するPFFをホールドるする意味はあまりないのかなと感じるようになりました。


機会損失は?

当然、売却する以上は今後の機会損失が発生するわけですがPFFの場合は値動きがほぼ一定のため機会損失はほぼ分配金分のみになります。

今のところ分配金は月1万円程度になっており、1年で12万、5年で60万程度の機会損失が予想されます。

まぁこれぐらいなら、許容範囲ですね。

それよりも、今後のことを考えてある程度キャッシュポジションを増やすことを優先したい。そんな心境です。

感覚的な話になりますが、これから2~3年先の世界経済全体に対してはポジティブなイメージが持てなくなってきているため、信頼できるアセット以外は少しずつ現金にしていこうと思っています。(主力のインデックス系は引き続き積み立てを行いますが。)


PFFはポートフォリオの全体の10%程度を占めているので、これから1年ぐらいかけて少しずつ整理していけたらいいかな。

そんな感じです。



0 件のコメント :

コメントを投稿