スマホ開発してた彼はどうしてんだろう?


こんばんは。
スマホを買い替えようかとフラリとビッグカメラのスマホコーナーを散策して来ました。数年ぶりにまともにスマホを見て回りましたが、販売されてる機種の様相がずいぶん様変していますね。

Apple、ASUS、google、サムスン、シャオミ、OPPO ・・・
など、海外勢が売り場を席捲していました。

日本勢で目に付いたのは、SONYくらいか(SHARPはもう台湾企業だしね、、、)

スマホで撤退で仕事をなくした同期

私の同期入社のエンジニア職は様々な分野で仕事をしており、私のようにシステムエンジニアになる人、基礎研究をする人、製品開発をする人など様々でした。

その中でスマホ開発(入社当時はまだガラケーでした)をやっていた同期がいます。

当時は同期が開発したスマホが家電量販店に並び『へぇ~、これが、、』と言って眺めていたものです。買わなかったけど

その後、日本の電機メーカーのスマホを取り巻く環境は急速に悪化していき、アップルやサムスン、台湾勢の台頭もあり撤退することになりました。

当然彼の仕事もなくなり、開発の仕事から離れることになりました。
仕事には前向きに取り組んでいた、技術の習得やキャッチアップに関しても十分に時間を使っていた。

それでも製品としての競争力がないため、仕事はなくなってしまった。
そんな感じでした。


技術系の仕事は尖った分野で仕事をすればするほど他での応用が利かなくなり、キャリアチェンジが難しくなっていきます。


まぁ特別仲良しではなかったので、その後彼がどうなったのかはわかりませんが。(確か社内の間接部門に異動したとか、しないとか)

どうしてるのかな。


自分も他人ごとではない。

このようなテクノロジーに関するトレンドは自分も他人ごとではありません。
技術の進歩や社会環境の変化など何がきっかけで今自分が持っているスキルが役に立たなくなるかはわかりません。

日々勉強してキャッチアップすることも重要ですが、そんなレベルでは追いつけない変化の波におそらく今後飲まれることになると思います。


よく新聞やニュースでみる、〇〇分野からの撤退!とか✕✕領域の事業売却!などのニュースを見るたびに行き場をなくしている社員が沢山いる、そんな現実があります。


今は忙しく過ごしていますが、5年後に果たして自分に仕事があるのか、、、
そんなことを考えてしまいます。





0 件のコメント :

コメントを投稿