丁度いい生き方


気づいたら、8月も終わりです。
色々案件が立て込んでいて、仕事&関連する分野の勉強をしていたらあっという間に夏が過ぎていきました。


仕事の負荷は中々変わらない

繁忙期になるとどうしても仕事の負荷が高くなり、生活が仕事中心ですべて回っていくようになってしまいます。

休んでいる日も仕事のことを頭の片隅で考えたり、関係する勉強をしたりと、当人の性格にもよる部分もあり、割り切った考えということが非常に難しいと感じています。

これは今の分野の仕事をし続ける限り、おそらくどの会社に転職しても変わることはないのでしょう。

上記の問題は業界の構造や職種の特性、また年齢相応の仕事上のポジションなどから決まるものなので中々変えることは難しいと思います。


年齢相応の責任を求められる

私が働いている今の状態は年収は高めだが、仕事の負荷も高いという状態にあります。ただ本心を言うとやはり、年収はソコソコで、仕事の負荷もソコソコというの働き方をしたいのですが、そうは問屋が卸してくれません。

仮に転職の面接で、役職者レベルではなく担当レベルでの採用を希望したところで、おそらく企業側がその条件で採用することは中々に難しいと考えています。

結局、年齢からその人に求められる職務上のポジションというものがある程度決まっているため、『年齢相応のポジションで頑張ってもらう』 or 『採用されない』 のどちらかになり、30代中盤の人間を担当ポジションでソコソコの仕事をさせるということは基本的には難しいということです。(少なくとも転職市場においては。)


社会的には20代には20代、30代には30代、40代には40代の求められるスキルや立場があるということで、改めて歳をとると選択肢は減っていくということを感じるようになりました。


年収と仕事量が自分にとってどの程度が理想なのか、その辺りのイメージはあるものの実現には程遠い状況、、、
丁度いい生き方をするって難しい。



0 件のコメント :

コメントを投稿