暴落時にリスク資産がどれくらい減るか


こんばんは。
最近は逆イールド現象が発生しただの、米中貿易戦争だの、相場の状況が怪しくなってまいりました。

投資を開始して丸5年以上、運用している資産の総額も大きくなり、暴落時に受けるインパクトも昔とは比べ物にならない規模になてきました。(実際、今年は毎月100万単位で資産が増減しています。)


仮に経済危機のような暴落が起きた場合にどれくらいのリスク資産減が発生するか少しシミュレーションしてみます。


<前提>
対象リスク資産2300万とし、S&P500の値動きに基本連動するものとします。
さらに為替(円高、円安)も考慮して①、②のパターンでシミュレーションしてみます。


①S&P500 30%減(5円円高進行)

評価額 = 2300万 × 0.7 × 100/105 =  1532万

およそ800万の評価減ですね。




S&P500 50%減(10円円高進行)

評価額 = 2300万 × 0.5 × 95/105 =  1040万

およそ1260万の評価減。。。



まぁかなり雑に計算しているのでブレはあると思いますが、おおざっぱに考えるとやはり1000万程度は確実にやられることを覚悟しないといけないようです。

ポイントは円高も併せて進むということ。
単純なS&P500の値動きだけでなく、為替も含むとリスク資産の減額が一気に加速しますね。(米国投資の宿命ともいえるでしょう。)

まぁ最悪の事態として、受け入れなくてはいけない数値はこれくらいと言うことですかね。





0 件のコメント :

コメントを投稿