すぐそこに来るシンギュラリティ



今年入社してきた新入社員達が優秀過ぎてヤバイ。

もともと、うちの会社は新入社員をあまりとらず、中途社員で回している会社だったのですが、今年は新卒採用を強化して数十人の新卒が入社してきました。

リクルート活動も相当こだわってしたようで、初年度の年俸も普通の企業と比較してかな~り多い金額を提示して採用したようです。


結果、、、


やべーやつバッカ来た。


単純な学歴だと旧帝、早慶クラスばっか。
しかも大体、留学とか帰国子女とか海外経験があり、英語も堪能。

当然、コミュニケーション能力、理解度も高い。
ITスキルや業務知識なども基本的な理解度が高いのですぐにキャッチアップできることでしょう。






所感、、、

たぶん基本的な能力は3年で全部抜かれる。




あれ、こいつら成長したら自分いらなくない??
そんな感じです。



世間では人口知能が仕事を奪うとか、シンギュラリティが来るとかヤイノヤイノ騒いでいますがそれどころの騒ぎじゃない。


私のシンギュラリティは3年後ぐらいに訪れそうです。


今は笑顔で『ハイハイ!』と素直な彼らですが、そのうち立場が完全に逆転する未来が待っている気がしてなりません。


まぁ自分は部下に抜かれようが、仕事が持っていかれようが、最終的にはどうでもいいと思っている節もありますが、中には危機感を持っている社員もいるようです。


上司も部下も、先輩も、後輩もいい意味での危機意識をもってみんなが成長していける環境がつくれるといいね  (^O^)/    (←他人事





0 件のコメント :

コメントを投稿