世界恐慌が来たらSPXLを買おうかな



こんばんは。
S&P500が最高値圏内で過ごしている今日この頃、以下がお過ごしでしょうか。

私のほうは特に何もない平凡な投資生活を過ごしています。
キャッシュも順調に積み重なっており、そろそろ何か投資しようかと、対象を物色しています。

最近気にしているのは、SPXLです。
これ、SP500の3倍の値動きをする、刺激的な銘柄で米国株投資をしている人にとっては多くの方がご存じだと思います。


私もずいぶん前から気になっていた銘柄ですが、まだ買い付けはしていないです。
理由としてはレバレッジ投資をするには今の相場は高すぎるのではという思いと、暴落が来た時を待って買い付けをした方がより投資効率がいいのではという思いです。


投資は結局取得単価がものを言います、下がったタイミングで買うよりも、『より』下がったタイミングで買う方がパフォーマンスはよいはずです。


昨年末に相場が一時的に20%程度の暴落があった時の値動きを見てみます。

SP500


高値:2924ドル(2018/10/1)
底:2351(2018/12/24)


SPXL


高値:55ドル(2018/10/1)
底:27ドル(2018/12/24)


SP500がこの期間で20%下落したのに対して、SPXLは50%の下落を演じています。(ヤバスギ)設計どおり3倍の値動きにはならないのでしょうが、やはり加速度のついた下落を演じています。

仮にリーマンショッククラスの暴落が来てSP500が半分になれば、そこまでいかなくても30%程度の下落が発生したとしても、SPXLは相当下落するはずです。

感覚的には7割~8割減くらいを演じるのでしょうか。

これだけ下がれば、取得単価も相当下げられるはず、下げた取得単価からさらに3倍の上昇をすれば一気に突き抜けられるはず。

まぁ暴落がいつ来るかはわかりませんが、ささやかな楽しみとして待っていたいと思います。






0 件のコメント :

コメントを投稿