完全リタイアにいくら必要か








資産運用をしている多くの人は一度は配当金だけでの生活が可能か、というシミュレーションをしている人は多いと思います。
このシミュレーションを普段からしている人は、今ホットな話題の年金問題や老後に必要な資産の話などにも、自分なりの答えや見解というものを持っており、今後のサバイバルワールドの日本を生きていくうえで役に立つ考えとなるでしょう。

ちょっと自分も考えてみます。

そもそも年間の生活費はいくらか

ざっくりと計算してみると以下になると思います。(多少余裕を持たせて見積もっていますが。)


家賃・・・6.0万
食費・・・4.0万
電気、ガス、水道・・・1.0万
携帯、ネット・・・1.0万
住民税、健康保険・・・2.0万
年金・・・1.5万
雑費・・・2.0万
--------------------------------------
合計・・・17.5万/月

年間に換算するとざっと210万円程度が生活費になります。

当然、完全リタイアすれば家賃の安い場所に引っ越しもできますし、ほぼ100%自炊にもできるので、もっと節約は出来る気がしますが、余裕を持たせ上記を年間の生活費として見積もっています。

よって不労所得で上記の金額を稼ぐことができれば、実質完全リタイアが可能ということになります。


年間210万を目指す資産運用


この金額を仮に資産運用で安定的に稼ぎ出すとすると、やはり配当金(分配金)メインの運用になるでしょう。

当然、世の中にある高配当株に投資すれば少ない元本で配当金をより多く得ることは可能ですが、配当金、分配金生活においては万が一の失敗も許されないわけです。


東京電力の例を見ても分かるように個別株においては絶対ということは絶対にない、倒産のリスク、減配のリスクなどを考えると分散投資は必須、そう考えるとETFでの運用ということが無難になるでしょう。


高配当の分配金を出すETFでの運用となるとHDVやVYMでの運用ということになります。大体税引き後で考えると、2.4%程度の分配金の想定で考えたいと思います。


この条件で年間210万を稼ぎ出すために必要な元本を計算すると以下の方程式を解くことになります。

X(必要元本) × 0.024 = 2,100,000
X = 87,500,000


・・・


必要元本は8750万円






きっつ・・・



まぁもっと検討の余地(運用商品の選定や取崩し、キャピタルゲイン)もありますし、かなり雑に計算しましたが、それでもリスクを抑えた安定運用を想定した完全リタイアという意味だと、7000~8000万レベルでの資産が必要なんだということが分かりました。


当然この答えは私の場合に限った答えです。
財務省の報告も、FPのアドバイスも関係ない、自分だけの答えです。


まだまだ、社畜はやめられなそうですね。



2 件のコメント :

  1. あんた8000万円取り崩さずに死ぬつもりなの?

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよね。
      ちょっと難しい問題何でひとまず先送りしてます。

      削除