心を病んだ社会人はどうやって復帰すればいいのだろう


こんばんは。
こんなニュース記事が出ていました。


ー日経新聞ー 


引きこもりというと学生時代からの不登校を拗らせて、、、というイメージがありますが、意外とあるケースが社会人になってからの引きこもりです。


学生時代はうまくやれていたのに、社会人になって激務で、人間関係で躓いて心が折れて引きこもりになる、仕事していれば誰もが何人かはそんな人を見てきているでしょう。


本人のメンタルが弱いとか、人間性に問題があるとか色々言われることもありますが、正直この辺りの事って、心構えや小手先だけのメンタルテクニックではどうにもならない部分もある。(ぶっちゃけ、運や巡りあわせもあると思う。)


・頭おかしいパワハラ上司の下になる
・担当顧客がモンスタークレーマーだった
・絶望的なプロジェクトにアサインされる


こんな環境になれば、多くの人間は心が折れる、鬱になりそして休職することになる。


日本の大手の大企業なら復帰後、別の部署に異動させる(エンジニア職からスタッフ職などの転換もある程度の融通が利くと思います。)なども可能な場合がありますが、小規模の会社や外資系の企業ならどうでしょうか?

復帰したら結局同じ職場、同じ職種に戻るしかない。また納期のプレッシャーに追われる日々が続くかもしれない、またあのパワハラ上司の顔色をうかがいながら仕事をする日が来るのかもしれない。手負いの負傷兵が戦場に戻るようなものです。


環境が原因で心を病んだのに同じ環境(または其れに近い環境)に戻るしかない。
以前より耐性が弱くなった状態で同じ仕事をする、そしてまた心が折れる。

会社を辞め、転職活動をするにしても今までの自分のキャリアをベースとした転職活動(でないと採用されない)をすれば結局同じような環境の流れつく。そして、、、


そう考えると一度、病んでしまった心を立て直して復活させるって相当難しい。
自分も一度心が折れて働けなくなったら、同じ職場、職種に戻れる自信ははっきり言ってない。


今まではたまたま上手くやれてきたが、これからも同じようにやれるとは限らない。働けなくなれば引きこもりになると言うことも理解はできる。


そう考えると引きこもりってちょっとしたボタンの掛け違いや巡り合わせ次第で誰でもなる可能性があるものだし、決して他人事ではない。


途中で心が折れて会社から消えていった人、抗うつ剤や睡眠薬を飲みながらだましだまし働く人、色々な人を見てきた。

彼らは今何をしているのだろうか。



0 件のコメント :

コメントを投稿