本当に優秀なエンジニアにお金が渡らない日本のIT業界

こんばんは。
エンジニアは能力に見合った対価を受け取るべきだという話。

世の中フリーランスは結構いる

私は個人的に親しくしているフリーランスのエンジニアの方が何人かいます。もともとは中規模ソフトハウスで働いておりその後、退職しフリーのエンジニアとなったというパターンが多いようです。

アプリケーション開発のエンジニアの方が多く、生産性が非常に高い人やとあるパッケージ製品のコア機能を仕様決定から製造まで含め一人で作ってしまった人もいます。

結局大手のブランド名を付けたパッケージ製品でも実態のコア機能は会社の力ではなく、フリーのエンジニアが個の力で作りきってしまっている、そんなもんだったりします・・・


ちなみそのフリーのエンジニアの人とは前職からの付き合いですが、前職のような大手企業の場合だとフリーランスのエンジニアと直接契約を結ぶということはほぼなく、エンジニアはSEサービスを提供している別の会社と契約を結んだ上で、その会社を経由してプロジェクトに参画してもらうことになります。


フリーランスのエンジニアの取り分

ちなみにそれだけ優秀なエンジニアなのに発注時の人月単金は80万円程度。さらにSEサービス会社のピンハネ取り分を考えるとフリーランスのエンジニアの人の取り分は60万程度でしょうか?


年収にすると700万ちょっと。。。
ここから社会保障、年金、を払い、退職金も福利厚生もない、万が一体を壊しても自己責任でこの金額。


あまりにも安すぎる。


自分からすると人月150万でも来てもらいたいくらい優秀な人でした。

本来なら能力を考えればその人は余裕で年収1000万を超えてもいい気がしますが、実態は700万程度(もっと少ないかもね。)日本のIT業界の構造上そうなってしまう。


ちなみに社内の管理メンバーの単金は
・お飾りPM・・・150万
・ご意見番PMO・・・120万

上記のような誰でもできる仕事の単金が高く、本当に必要なコア機能を作るエンジニアの単金が買い叩かれている。(こいつらの単金安くして本当に優秀なエンジニアにもっとお金を回したいけど、、、)


実力差が出やすいエンジニアの世界、だからこそ実力に見合った評価をしないと優秀な人材はどんどん海外企業に流れていく気がする。


それぐらい優秀なエンジニアが生み出す付加価値は高い。




0 件のコメント :

コメントを投稿