遅延プロジェクトの言い訳を考えてくれるRPAが欲しい


会社の一部の業務がRPA化されました。

特定のフォーマットでメールを送信すれば、データを集計したExcelファイルを返信してくれるというものです。

データの集計先が複数のシステムにまたがるので手作業が入らないと結構難しい気がしますが、どうやっているのか知りませんが自動化できてしまうのですね。

そんな感じで確実に単純な労働は減っていく。
今までこの仕事をしていた顔の見えない誰かの仕事は無くなってしまったのだろう。

そしてその分、創造的な仕事(頭を使うきつい仕事)をしているのかもしれない。


ああ、プロジェクトの進捗報告の言い訳もRPA化してくれないだろうか?
毎週、毎週憂鬱でしょうない。

まぁこればっかりは中々難しいけどね。
報告相手の立場や性格を考慮した忖度が必要になるので機械には出来まい。
当分この仕事は無くならんな。





0 件のコメント :

コメントを投稿