みんなと同じ方向を向いていれば安心するよね


IT業界では技術のトレンドというものが存在します。
変化の速いこの業界で生きて行くためにはどのトレンド・技術を自分の強み(コア)として生きて行くかということが非常に重要な選択肢になります。

自分の強みって何だろう

ちなみに私の強みは何かというと、エンジニアの癖にITスキルではなく、『特定の業界の一部の業務』に詳しいという所です。その業界の業務知識については業界の動向、慣習、組織ガバナンス、関係する法律レベルで抑えており、それらは相当マニアックな領域になるので他のシステムエンジニアより優位性があると思っています。

単純なITスキルではなく、その業界に対する知識やノウハウを情報システムの要件に落とし込むスキルが強みと言う事です。ただ、マニアックで潰しがきかない細く尖ったスキルなので、他のエンジニアとは向いている方向が違うため当然危うさも感じています。

みんなとは逆を行くという事

例えばみんながやっている、今流行りのクラウド構築やWeb系の開発スキルにシフトすれば潰しは効くので何となく安心するのかもしれません。対してニッチな領域のスキルというのはやっている本人でもこのままでいいのかと不安になります。

実際、前の所属していた会社がその領域から撤退した時、完全に私の仕事がなくなってしまう状況になりました。みんなとは逆の方向を向くとはそういうリスクがあります。

そのあと部署を異動して今流行りのIT領域の仕事をして行くという選択肢もありましたが、私は会社を出て別の会社で今のニッチなスキルを活かして仕事をして行く事を選択しました。

変化の速いIT技術そのものをテーマとして仕事をするより、そのニッチな業界知識をテーマとして仕事をするほうが将来的(少なくとも後10年は)にも自分は価値提供ができると考えたからです。

自分のストーリーを自分で描く事

正直、どちらの判断が正しいか何て未来にならないと分かりません。
でも自分の頭で考えることって本当に重要だと思います。言い換えると将来のストーリーを描くという事でしょうか。

ストーリーを自分で描かず、何となくみんなと同じ方向を向いて安心していると本当に危険な未来が待っています、そういう人はたぶん問題が発生した時に正しい判断が出来ない。

結果的にみんなと同じ方向を向いていたとしても、自分なりにストーリーを描いている人は将来的に発生しうるリスクまで想定したうえで今のポジションを取っているわけです。
つまり、今後発生する様々な状況判断の局面において自分なりの判断基準が持てているという事です。

これって仕事に限らずどの分野でもきっと同じ。
仕事、投資、日々の生活にしても、みんなと同じことをするということはある意味、精神的な安定にも繋がりますし、何かあった時の言い訳にもなります。

・取り合えず保険に入る
・取り合えず家を買う
・取り合えず有名企業に就職する
・取り合えず英語を勉強する
・取り合えず人気の株を買う
・取り合えず『あの人』の真似をする

でも何か大事な判断局面や問題が発生した時にブレない人は自分のストーリーをキチンと描いている人です。仕事なら仕事観、投資で言うと投資哲学と言った領域になるのでしょう。

思考停止になっていないか?
自分で考えたストーリーを進んでいるか?
誰かのストーリーに便乗しているだけではないか?

日々考えることが必要そうです。



0 件のコメント :

コメントを投稿