人生の紙飛行機は低空飛行でも気にしない


若干プロジェクトが佳境を迎えて、今週も忙しくなっています。
パソコンを持って帰って家で仕事するか少し悩みましたがやめときました。

自分で自分をブラック化しない

なんだかんだ新しい職場にも慣れてきて、少しずつですが仕事も軌道に乗りつつあります。でもそうするとやる仕事も増えてきて、期限通りにできないタスクも出てきます。

今までは休みの日に家で残作業をなんてこともありましたが、これからは基本的にはやらない様にしようと思います。

当然、絶対やらないといけない仕事なら休日でも残業でもやるしかありませんが、今回の仕事は別にそこまでのモノではない。プロジェクトが崩壊するわけでも、お客様に怒られるわけでもない。

せいぜい『あいつ、終わるって言ったのに終わらねーじゃん。』程度のもの、単純に自分の評価や評判のために無理してまでやることはもうしない。『終わりません、たぶん来週になります。』と言って帰ってきた。

そもそも、周りの人だって何も思ってないかもしれない。(実際何も言われてないし。)
勝手に周りの人の思いを想像して、勝手に自分で自分を追い込むのはもうやめる。

低空飛行に見えてもしょうがない

もちろん、多少の背伸びは人生の張りや成長という意味では必要になると思う。
でもそれは自分の意思で、自分の選択で決めるもの。

周りの顔色を窺ってするものでもないし、中途半端な決意で自分の能力を明らかに超えたことはするべきではない。

周りから見たら低空飛行に見えるかもしれないし、ふらふら飛んでいるように見えるかもしれない。でも周りと自分の高度を比較して落ち込むことはもうしない。

高く飛びたくなったら飛ばせてくれ。
着陸したくなったらさせてくれ。

今はまだ風待ちと自分に言い聞かせる。

そして寝る。





2 件のコメント :

  1. 良い人と思われたい病
    これが本当に自分を苦しめてた。昔の自分の向かってこれ以上いい人面するのをやめろと言いたい。

    返信削除
    返信
    1. そうですね。
      ある程度のバランスは大切ですね。

      削除