家計の管理はまずは緩めから


こんばんは、今月は飲み会があり、少し予算的にピンチです。
うーん、ブッチしたい。


個人的な月の予算の管理方法

一応、ざっくりではありますが私も月々の支出については自分なりのルールを設け管理しています。

とは言っても、

①固定費はすべて口座引き落とし
②給料日にATMダッシュして6万円出金
③1週間で1.5万円ペースで使う
④それ以上は使わない

これだけです。

①固定費はすべて口座引き落とし

固定費は口座引き落としにすることで、食費や雑費、交際費に絞って支出が管理できます。これらを月6万でやりくりしようというのが基本的な戦略です。

②給料日にATMダッシュして6万円出金

一カ月にATMを使うのはこの1回だけと決めています。なので鬼の形相でダッシュしてお金をおろします。最近は電子マネーも普及してますが、すべての店舗の支払いが電子マネー化してはいないのでお金の出所を一本化するために敢えて現金支払いにしています。

③1週間で1.5万円ペースで使う

金額は紆余曲折を経てこの金額に落ち着きました、追加でATMに行かないで済むギリギリの範囲を設定しています。

仮に週の予算を厳しめの1万円(月4万)に設定すると多分、月2回ATMに行く可能性が高くなります。そうすると不足分だけ出金するようなことにはならず多分3、4万単位になり、結果として余計にお金を使う可能性が高くなります。

意識することは守れるルールを設定することと、ATMで頻繁にお金を出金する習慣を無くすことだと思います。

④それ以上は使わない

一番難しいのは④でしょう。
飲み会などがあれば一撃で予算的に厳しくなりますが、職場の環境的に基本的に飲み会がほとんどなく、毎日の生活費は食費程度なので何とかなっています。

あとは臨時で欲しいもの、必要なものがある場合は余裕があれば買いますが、基本は先延ばしにします。『買わない』ではなく『先延ばし』にする。

来月になっても欲しければ買う、来月に余裕があれば買う。
そんな風にして極力消費を後ろ倒しにするようにしています。ひょっとすると、来月になったら購買意欲がなくなるかもしれませんしね。

また仕事の交通費や出張費については基本的にカードですべて決済するので、この毎月の予算の6万円とは出所が別です。勝手に口座から引き落とされて、そのあと清算金額が振り込まれるのでトータルとしては意識する必要がないようにしています。

あと例外的な冠婚葬祭や高額家電買い換え、旅行などは別予算かな。




まずは守れるルールから

まぁ管理の仕方は人それぞれですが、家計簿や節約術などは特に意識せず、決めた金額以上は使わなない。というのが私のスタイルになります。

総論としては、まずは緩くても守れるルールを設定することが大事だと思います。厳しめの設定して守れないと、一気にコントロールできない状態になってしまいます。まずは節約する金額などはあまり意識せず、簡単なルールを作り、守れる習慣が出来てから徐々に見直していけばよいのかと思います。

なぜなら支出のコントロールはその人の生活習慣に大きく関係しているため、家族や交友関係、住む場所、車、保険、、、などいきなり変えることが難しいからです。そうは言ってもある程度のルールを作らないと支出のコントロールが出来なくなるので、まずは緩く設定しその後、ルールと生活を徐々に変えていくそんな気の長い取り組みが必要だと思います。




0 件のコメント :

コメントを投稿