やっぱ働きたい


こんばんは。
もうすぐ無職生活が終了します。
約4カ月程度の無職生活を経験して思うことを少し今後の自分へのメッセージという意味合いも含め書き残してい起きます。

生きがいとか、喜びとか

単刀直入に言うと『そろそろ働きたい』というのが正直なところです。
この4カ月間、ゆっくり休み、過去の自分を振り返り、四国に旅に出て、たくさん本を読んで、転職活動で色々な会社を見てきて、、、と、自分の考え方も少し変わり本当に貴重な時間を過ごすことができました。

ただもし十分な資産がありこの生活をこれから死ぬまで続けられるとしても、自分には少し厳しいかなと思いました。

色々と『楽しい』時間を過ごすことはできましたが、『喜ぶ』時間を作れたかと言われると正直微妙な気がします。

前の職場が散々だったので無職になってしばらくは何も思っていませんでしたが、少しずつ最近は自分の心の中で新しい声が聞こえてくるようになりました。

誰かの役に立ちたい

誰かから感謝されたい

社会とつながっていたい

大げさに言うと『生きがい』というものになるのでしょうか。
結局、今の私では『生きがい』や『喜び』を実現するための手段は『仕事』以外にありませんでした。

いつか来るリタイアに向けての準備

当面はまたしばらくは仕事をすることになりますが、将来的には自発的・強制的にリタイアをする日はいつか来ると思います。

生きがいの無い生活がまた来るかもしれない。

それまでに仕事以外での自分の生きがいを得られる場を作ることは必要なんだとしみじみと思いました。

リタイアは一日にしてならず、リタイアに向けた精神的な準備というものも今のうちから少しずつ考えていく必要がありそうです。

まぁ、仕事を再開はするけど前職のような消耗する働き方をする気はないけどね!!(健康第一)




2 件のコメント :

  1. 雇用の場合やりがいごと叩きおられる可能性の方が高いような気が

    返信削除