転職の適齢期



こんばんは。
転職活動で色々求人を見たり、最近では面接を受け始めたりしています。
ひとまず、そこまで気負うこともなく肩の力を抜いて取り組めています。今更無理して自分を良く見せようという気もないですし、年収についても大きなこだわりはないため『あるがままの自分の話をする』といった感じでしょうか。

30代中盤の転職活動

そうは言ってもやっぱり色々と思うところはあるので少しまとめてみたいと思います。
IT系の転職に特化した話になるので参考までに。

中途採用をしたい企業は大きく分けて大体3つぐらいのポジションで採用を検討しています。

①管理職レベル
マネージャ以上でどちらかと言うと事業計画や組織運営に近いポジションになると思います。管理職経験者の要件が多いようです。

②プロジェクトリーダー
プロジェクトのリーダとして実質的に中心人物としてふるまうことが要求されます。スケジュール作成やタスクの管理、割り振り、成果物のレビューやユーザとの交渉・調整など多岐にわたります。年齢のレンジとしても30台中盤ぐらいが一番多いのではないでしょうか。

③開発要員、構築要員
システム開発ならコーディングや設計要員、インフラ案件なら構築要員といった役割で実際に手を動かすことと言語や技術を細かく知っている必要があります。30歳前後ぐらいが経験もある程度積んで一番戦力になる年齢だと思います。


私の場合年齢的には②のリーダーレベルの要件が大体求められます。実際そのポジションで仕事をしてきましたしある程度のやれる気はしていますが、転職してすぐリーダーポジションで即戦力になるかと言われると正直怪しいと思っています。


やっぱり下積みは必要

①の管理職レベルでの採用になると仕事で求められる視点が違うので逆に転職後もすぐに戦力になる方もいると思います。

そして③の開発要員、構築要員については当然新しい職場ですぐに技術的に通用するかと言われると怪しいと思います。全く同じ技術や業務知識が通用する転職などまず無いと思います。ただ採用側もそこは承知の上で30代前後ならまだ若いため今後の育成という部分も考慮して採用されやすいと思います。

難しいのが②のプロジェクトリーダーレベルです。
ここはリーダーとして適切な旗振りやユーザ交渉が求められます。ただそのような動きをするためには絶対的に参画しているプロジェクトの技術なり業務知識がバックグラウンドとして必要になります。つまり転職先で③の開発、構築経験をある程度してからでなはいと難しいというところが正直なところ。

ただ、③の経験を積ませるには年齢としてはややレンジが上ですし、年収面でもネックになってくる。即戦力として適切にふるまえるか少し怪しいところです。

そう考えるとやはり転職の適齢期は③の開発要員、構築要員としてある程度経験を積んだタイミングで転職をし、転職先でリーダーのポジションになるといったストーリのほうがしっくりくるかなと思います。年齢的には30歳前後が一番いいのかなと思っています。

年齢によって即戦力か長期的な育成か、、、
求められるものがやっぱり違いますね。





0 件のコメント :

コメントを投稿