生きているだけでお金がかかる


こんばんは。
分かっていたことですが仕事を辞めて無職になっても当然払うべきお金というものがあります。住民税と年金の支払いの請求書が届きました。

今までは給料天引きになっていたのであまり意識していませんでしたが、無職の私にも容赦ない徴収が行われます。

①住民税
3カ月分まとめての支払いになり、約10.6万円を納付することになります。
ひと月あたり3.5万円の計算、、、

②年金
こちらも3カ月分まとめて支払うことになります約4.8万の納付。
ひと月あたり1.6万の計算。

住民税と年金で毎月5.1万円が消えていく計算。
収入がない状況でこれだけの金額を請求されるのは結構きつい。

失業保険はすぐに支給しない癖に支払うものは容赦なく徴収してくる。
本当に生きているだけでお金がかかるのですね。

ああ、そういえば国民健康保険の支払いも7月に来るとかこないとか、、、、
なかなか重い出費が続きそうです。



0 件のコメント :

コメントを投稿