遍路39日目 怒涛のお寺

遍路39日目、6時に朝食を食べる。昨日のおっさんは今日も話かけるなオーラが消えてなかった。無言の食事が続く。気を使ったのか分からないが宿の女将さんが色々話しかけてくれるが何か重い空気の朝食だった。

旅館側に何か落ち度がある訳ではないのだがやっぱりいい思い出にはならない。つくづく旅って人なんだと思う。何か深刻な理由で遍路に来ているのか?、自分が何か失礼なことでもしたのか?とか色々考えたが最終的には『どうでもいいや』とさっさと旅館を出る。

今日は善通寺市まで行程で6寺院を回る予定だ。怒涛のお寺である。
歩き始めて40分ほどで七十番札所、本山寺に到着。

普通のお寺でした。今日は回る札所の数も多いのでさっさと納経をすまし10km先の弥谷寺(いやだにじ)を目指す。途中で観音寺市から三豊市にはいる。
何となく見えてくる山やじわじわ来る上り坂を味わいながら七十一番札所、弥谷寺へ到着する。
ここは山門をくぐってから500段以上の階段を登らせていただいた。ありがたい。。。
高い所にあるお寺はだいたい中に見所があり楽しめる。一時間ほど境内を散策した。

個人で回る遍路はこの辺りの時間配分を自分で決められるからいい。バスツアーだと決められたスケジュールをわらわら集団で消化していくだけで何か機械的な感じがする。

その後は曼荼羅寺と出釈迦寺に続けて到着する。

七十二番札所、曼荼羅寺。
七十三番札所、出釈迦寺。

ここでは納経所の叔父さんが冷たいものでも飲みなさいとお接待を頂いた。ありがとうございます。

その後次の甲山寺を目指す。何か寺が続き過ぎて段々消化できなくなって来たぜ。一時間ほどで七十四番札所、甲山寺に到着。

ここでは久しぶりに外資系おじ様と出合う。昨日のカルフォルニア爺さんと一緒だった。その後次の善通寺まで連れだって歩く。

途中で寄り道、玉せん(エビセンに卵焼きとソース、マヨネーズを塗ったもの)を食べる。中々に高カロリー。
その後今日のゴールである七十五番札所、善通寺に到着する。
ここは空海生誕の地だけあって中々に大きな寺になっている。東院と西院の2つの敷地にわかれている。
五重塔は震度七までの揺れに耐えられるらしい。凄い建築技術だ。その後、見知った顔の人達が続々と到着してくる。目的は善通寺の宿坊だ。

顔馴染みが多い中での晩御飯になり楽しい時間を過ごすことができたが、明日のお勤めに一抹の不安を残す夜であった。理由は明日分かるはず。。。


歩行距離:27km
霊場:本山寺、弥谷寺、曼荼羅寺、出釈迦寺、甲山寺、善通寺
宿:善通寺宿坊

明日のお勤めは5時半から。


0 件のコメント :

コメントを投稿