下落局面は年単位であることを意識したい


こんばんは。
昨日も米国市場は下落しました。
S&P500は2%以上の下落で、年明け以降値動きが安定していません。

ここ3カ月の動き

ここ3カ月のS&P500のチャートです。


上下を繰り返しながら2600-2800の間でレンジを形成しています。
もう少し下げたら、大きく資金を投入しようと思うと上がってしまう。
でも少ししたらまた下がる。

方向感が定まらない状況が続いています。


本物の下落局面は年単位

年明けからの動きがただの調整で終わるのか、暴落の始まりなのかはわかりませんが、リーマンショックやITバブル崩壊などを見るとやはり下落局面が始まり、最終的な底を打つまでは年単位で時間が掛かっています。

少々の下落で焦って資金を投入せず、一定の下落割合に応じて決められた資金を投入する。そんなつもりで、気長に相場の様子を見ていきたいと思います。





0 件のコメント :

コメントを投稿