遍路初日 四国へ

こんにちは。
私は今、徳島県に来ています。

仕事を退職して10日程度が過ぎました。
抜け殻のような生活を送っていましたが、少し自分の今までとこれからをゆっくり考えたい、そして体を動かして少し自分に負荷をかけたいという思いから四国歩き遍路をすることになりました。

四国八十八か所のお寺をすべて歩いて回る(四国一周1200kmと言われる)この旅、最後まで歩き通せるのか期待と不安が混じった状態の初日です。


羽田空港から徳島阿波踊り空港へ、そして電車にのり一番札所の最寄駅坂東駅に到着。

まずは一番札所、霊山寺をめざす。
うん、田舎だ。

ここからお遍路スタートで歩き始めます。
発願の寺、霊山寺に到着。(地味にテンションが上がる)

マネキンの美女がお出迎え。『行ってきます!』

境内にはマネキンと同じような恰好をしたお年寄りが何人かいた。
きっと彼らも遍路をする人たちなのだろう。もっとも基本車で回る人たちが多く、自分のような歩いて四国を回るというもの好きは少数派なのかもしれない。

本堂には灯籠がたくさん飾られている。中々に綺麗。
境内にある本堂と大師堂それぞれで読経を行う、般若心経やそのほか色々のお経を読み納経となる。基本的にこれを八十八か所すべてで繰り返すのだ。

少し照れながらお経をあげる、般若心経は息継ぎのタイミングが難しい。

納経終了後に境内の売店に行く。
ここでは遍路に必要な道具が色々売っており、遍路杖と菅笠を購入。

どちらにも『同行二人(どうぎょうににん)』という言葉が書かれている。意味は弘法大師様と共にあるという意味で、杖が弘法大師の化身になります。休む時はお杖から、大事に扱います。。。

そしてそのまま二番、極楽寺へ。

平日のためか誰もいない。
お寺の雰囲気も落ち着いていて結構好き。
人混みが嫌いな人はお寺の巡りなんていいかもしれない。読書が捗りそう。

そしてそのまま三番目の金泉寺へ向かう。実にいい天気、遍路日より。
当然だが今はド平日、一般的な社会人は普通に働いている。

不思議な背徳感と開放感両方を感じながら歩を進める。

三番札所、金泉寺。

忠霊塔

ここで一緒になった同じく歩き遍路の初老の爺さんと少し話をする。全行程歩きでしかも野宿して回るのだという。

『床にシュラフ置いて寝る訓練してきたんだよ~』と、ここに来る以上みんなそれなりの準備をして来てるということか。

御歳72歳なんというガッツ、明日以降もまた会うかもしれないです。


今日は三番で打ち止め、初日なのでこんなもんか。
これを淡々と繰り返していく、これからどんなことが待っているのだろう。
最後まで歩き通せるのだろうか、途中で怪我はしないなろうか。

一日歩いた心地よい疲れと、一抹の不安を感じながら宿に到着し眠りについた。

歩行距離:11km
霊場:霊山寺、極楽寺、金泉寺
宿:旅人の道しるべ




0 件のコメント :

コメントを投稿