遍路4日目 孤独な行軍


遍路4日目、昨日のお酒も残らずわりとすっきり目が覚める。今日は難所で『遍路転がし』に挑戦である。
遍路転がしは十二番札所、焼山寺に至るまでの登山道で山を3つ越えていく難所です。


昨日の同じ宿だった、おっちゃん達と山道に入り上り始める。


この後はまず最初の山越登り。






普通にきつい、二時間後、一緒に歩いていたおっちゃん達のペースに合わせるとどう考えても今日の宿に間に合わなそうなので、先に行かせてもらう。柳水庵なるところで一休み。

湧き水とお握り、超うまい。

そのまま下って、また登って、また下って。
孤独な行軍が続く。
今までは何だかんだ誰かしらと歩いていたので気づかなかったが、一人になると人のありがたみをつくづく感じる。

道に迷いそうなとき相談できる人、ちょっとしたときにリュックから荷物を出してくれる人、すれ違う人がしてくれる挨拶。今は頼れる人が誰もいないので慣れない山道を不安と戦いながら黙々と歩く。


最後の登り、苦しい。

膝がガクガクになりながら何とか登り切る。水は1リットル以上飲んだろうか。

登り始めてからちょうど五時間後、十二番札所、焼山寺へ到着。ヒャッハー!!


境内に誰もいない解放感と登り切った達成感が相成り全力の般若心経を熱唱する。
もう照れ臭さは感じない。

その後、境内で朝一緒に出たおっちゃんと、おばちゃん達を待つことにする。

しばらくすると、トレイルランの練習をしている地元の兄ちゃんが来る。しばらく話をしたら、お接待ということで境内の食堂のうどんをご馳走してくれた、うまい。

一時間半待ったが結局彼らは現れなかった、、、宿の時間もあるため本日の宿を目指して再び歩き始める。

そして今日の最大の誤算が宿の場所だった。普通は寺の近くの宿をとるようだが自分は10km先の宿を予約してしまった。今登った山を下ってさらにもう一つ山を登って、下らないといけない。

先ほどで燃え尽きた精神、身体中の筋肉痛、相変わらずの孤独、テンション最低の状態で歩く。16時を過ぎると山にも少しづつ夜の気配が漂ってきて余計不安になる。

また登り、心が折れそう。。。

山道を抜けた。あの山の麓の一番下に今日泊まる旅館がある。嗚呼長い、疲れた足に下り坂は堪える、、、

ヘロヘロになりながら何とか宿に付く。

旅館には逆打ちのお遍路さんが一人で泊まっていてこれからの行程のアドバイスをもらえた。女将さんも優しくて疲れた体と孤独感が癒された。


歩行距離:28km
霊場:焼山寺
宿:植村旅館

寝る。



0 件のコメント :

コメントを投稿