高配当銘柄は下落に強いの?


こんばんは。
あっというまに今年度最終日になりました。
年明けからの下落の影響が相変わらずです。。

いわゆる高配当銘柄がやられている

私が持っている米国の高配当銘柄が軒並み含み損を抱えています。
よく下落に強いと言われていますがどうなのでしょうか?

まずはS&P500の年明けからの動き
年明けの最高値から現在は9%程度の下落です。

続いてKO(コカ・コーラ)
年明けの最高値から現在は9%程度の下落です。

続いてPG(プロクター&ギャンブル)
年明けの最高値から現在は14%程度の下落です。

さらにJNJ(ジョンソン&ジョンソン)
こちらも年明けの最高値から現在は14%程度の下落です。

T(AT&T)
年明けの最高値から現在は9%程度の下落です。


とまぁ、いわゆる代表的な高配当銘柄がS&P500と同等、またはそれ以上の下落を演じています。あれ?高配当銘柄は下落に強い説はどこに行った?


でも配当があるから大丈夫

ただ高配当銘柄は配当でいうと大体3%以上はあるため。
10年単位でホールドすれば取得時30%程度の利益は見込めます。
これだけあれば、そうそうマイナスにはならないでしょう。

高配当銘柄は10年単位で持って初めて力を発揮する。
そんなつもりで長期ホールドしていきたいところですね。



0 件のコメント :

コメントを投稿