何が君の幸せ?何をして喜ぶ?



某アニソンの歌詞です。
幼児向けの歌に思わせて結構重い歌詞ですが、特にこの一文が気に入っています。

あの人のことを深く知りたい、自分がどう生きていけばいいかわからない。
そんなことをしょっちゅう自分は考えていますが、この歌はそのヒントになる気がします。

仕事ひとつにとっても、周りの部下に指示を出すことに喜びを感じる人、お客さんや関係者に感謝されることに喜びを感じる人、自分のスキル磨くことに喜びを感じる人、数字を出して周りに認めらることに喜びを感じる人。

いろいろなタイプがいます。

自分はというと毎日遅くまで仕事して、トラブルが起きれば夜中でも休日でも呼び出され、上司やお客からはしょっちゅう罵倒されてそれでも10年この仕事を続けてきたのはやっぱり何かしらこの仕事に喜びを感じるものがあったからでしょうか?

お金だけじゃない、見栄やステータスだけじゃない何かがやっぱりこの仕事にはあるのかもしれません。働かなくても『楽しい』ことはあるかもしれない。でも『喜び』を感じることってもっとまた別な感情な気がしています。

自分にとっての『喜び』は何かはまだ今一つ掘り下げはできてないですが、何に喜びを感じるかがわかるときっと自分とも、周りの人ともいい関係が築けるのかもしれません。

ばいばいきーん


0 件のコメント :

コメントを投稿