株を担保に資金調達するサービス



こんばんは
SBI証券のサイトで以下のようなサービスを見つけました。

日証金証券担保ローン

「コムストックローン・SBI証券」は、日証金がSBI証券と提携してお客様にご提供するインターネットでお取引ができる証券担保ローンです。お客様がSBI証券にお預けいただいている国内株式をSBI証券に預けたまま担保としてご利用いただけるローンです。株式の購入など資金使途は自由で、30万円から最大1億円までご利用可能です。株式を担保に入れても、配当や株主優待などの株主としての権利を失うことはなく、ローンをご利用いただきながら売買取引も自由に行っていただけます。<SBI証券サイトより>

なるほど、証券を担保にして資金調達ができるようですね。確かに暴落時などに追加投資をしたいけどお金が用意できないなどの場合に力を発揮しそうな金融商品です。

ポイントとなるのはやはり金利でしょう。
最低限金利以上の収益が見込めないと手を出すメリットはありません。

ちなみに詳細はサイトによると
◆金利は年3.6%~4.1% とのこと。
◆融資の上限は担保株式等の60%まで。

私の場合1500万程度株式を保有しているため、900万ぐらいまで融資可能なのようです。
それで年4%の金利、、、、

PFFやAT&Tの税引き後の配当金と同レベルですか。
年4%以上のリターンを出す自信があればアリといえばアリですかね。

配当王、配当貴族の銘柄が会社の業績とは別で(経済ショック)に巻き込まれる形で大きく下落した場合などならアリな気がします。金利は配当で支払い、キャピタルゲインで儲けるという戦略になりそうです。

ただ、それ以外だとやはり4%という金利はかなり高い。もう少し金利が下がれば検討の余地が出てくるのですけど。

あれ、、、
野村証券でも同じようなサービスを展開していますね。

株や投信を担保にできる野村のサービス

野村証券Webプラスローン

サイトを見る限りだと
◆金利1.5%
◆国内ETFで50%の評価額を融資
◆投資信託も可能
◆野村証券口座開設、移管が必要

こちらのほうが圧倒的に良さそうですね、
私の場合だと1557を大量に所持しているのでこちらの扱いが可能だったら十分にやる価値はある気がします。暴落時に大量購入して、分配金で金利を払う。
しばらく放置してその後値が戻して来たらキャピタルゲインをいただく、そんな戦略がとれそうです。

もう少し継続調査してみようと思います。




0 件のコメント :

コメントを投稿