Time is money は マジだった。


こんばんは2月があっという間に終わりますね。
日が少し伸びてきました。

時は金なり

有名な諺でTime is moneyというのがありますね。
本来の意味は以下のようです。

時間は貴重なものであって、金銭と同じように大切で価値があるのだから、浪費するものではないという戒め。(故事ことわざ辞典)

 まぁ時間は大事だよって意味ですが。
実はこの諺、投資界隈ではそのままの意味で解釈することもできます。

時間はそのままお金になる

先日P&Gから配当金(2000円)をいただきました。
P&Gは年3%の配当金がもらえます。
毎年、毎年何もしなくても3%ずつお金が増えていく。

30年経過すれば倍の金額になるということですし、そしてもらえる配当金を再投資しさらに長期間運用すれば加速度的に資金は増えていきます。
つまり
年数%の程度の配当金や株価の上昇でも長期間の運用を行えば時間に応じて金額は加速度的に増えていく。だから早めに投資をしましょう。
という意味になります。

悩んている人はすぐにでも投資を始めましょう。



ダウの長期チャート(世界経済のネタ帳)
1980年に1000ドルだったダウが今は25000ドル(25倍)になっています。
時間が生み出すお金のパワーを教えてくれます。






0 件のコメント :

コメントを投稿