【おもひで】NECがリストラ【ぽろぽろ】




NECがまたリストラ

こんばんは、なんかずーっと低空飛行なイメージの会社ですね。

NECは30日、国内8万人のグループ社員のうち3000人の希望退職を募ると発表した。同日まとめた2020年度までの新しい中期経営計画の一環。半導体や携帯電話などの事業売却を繰り返してきたが、一段のコスト削減に踏み出さなければ業績回復が見込めないと判断した。(日本経済新聞)

そんなNECですが、小さいころから実は色々付き合いがあった会社なので個人的には頑張ってもらいたい企業の一つです。



NECの思い出

NEC個人的には色々思い入れのある会社だったんですけどね。
あの頃の思い出を交えて振り返ってみたいと思います。

PCエンジン

最初のNECとの関わりはこのゲーム機でした。
クリスマスプレゼントで買ってもらったなー。



妖怪道中記とか、友達を家に呼んでやってました。


RPG要素が詰まったアクションゲームでマリオよりも全然面白かったな。


PC98 Canbe


小学生のころ我が家にきた初めてのパソコンでした。
初めてパソコンというものに触れてはみたものの今一つ『?』な感じでした。

確かテレビも見れたんだよな~。
父親と麻雀ゲームを一緒にやったのはいい思い出です。

今思うと独自OSで動いていたんですね。
この後Windowsに駆逐されることになるとは、、、、

何か間違えばNECがOSの覇権を取っていたのかもしれません。


N503i



初めて買った携帯もNEC製でした。
高校生の頃ですね。

とにかく女子とのメールに夢中になっていた時期です。
授業中に携帯鳴らして先生に取り上げられたことも度々、、、

ちなみにこのころの携帯の国内シェアはNECが25%以上でぶっちぎりの首位だったようです。確かにNECの携帯が一番良かった。



そして成人を迎えて以降、私とNECの思い出はなくなります。
パソコンはDELLやHP、携帯はSONYになり、そしてそのままNECの業績は下降の一途をたどります。

今では官庁、企業向けのシステム屋さんになってしまいましたね。
ビッグデータやクラウドなどそれらしいキーワードでゴニョゴニョやっているようですが。


株価も微妙

会社の業績(2016年連結)はこんな感じです。

売上高:2兆8000億
営業利益:1073億
従業員:98,000人


全盛期は5兆円を超えていた企業なので半分になってしまいました。
失速っぷりがチャートを見ても十分すぎるほど伝わってきます。


今は好調時の1/10ぐらいの価格がせいぜいです。

もうあの頃の株価を超えることは決してないのでしょう。
そう考えると個別株の怖さというものを教えてくれます。

逆Amazonやー!!


電機大手はどこも厳しい時代

以前東芝の事を書かせてもらいましたが、やはり電機大手はどこも厳しい時代になっていそうです。

~仕事時々投資のちリタイア~


業績改善のための戦略がリストラや事業の切り売りに頼ってばかりで、玉ねぎの皮を剥いでいくように最終的に何も残らない状態になりかねません。

そもそも海外が弱いので縮小していく国内市場ではどうしても先細りになっていくように思えます。

悲しいことですが高齢化してスピード感のない組織、成長著しい海外企業、縮小していく国内市場、どれをとっても今後も厳しい戦いを余儀なくされそうですね。





0 件のコメント :

コメントを投稿