忙しい人の投資は何やかんやで投信の自動積立で十分だと思う。



忙しい
 ああ、忙しい
      忙しい



そんな句を詠う貴方は投資信託だ

私自身、典型的な激務サラリーマンです。ただ、投資に関しては資産形成も目的ではありますがやはり多少の『趣味』という意味も含め個別株もやっています。

S&P500のインデックスと自分の個別株のパフォーマンスを競って楽しんでみたりと若干寄り道をしながらの投資生活を送っています。

ただ、多くの人はやっぱり仕事やプライベートにもっと時間を割きたい、個別に投信の勉強をするのはめんどく臭い、でもお金をリスクなく増やしたいという思いが多くあるはずです。

そんな様々な思いを満たす最適解はやはり結局は投信信託だと思います。



何やかんやで最適解

投資信託にもいろいろ製品がありますが、おそらく以下のあたりの製品を自動積立で買っておけば基本問題ないと思います。

・ニッセイ外国株式インテックスファンド
・eMAXISSlim先進国インデックス
・たわらノーロード先進国株式
・楽天・全米株式インデックスファンド

まぁ投資する指数や対象がMSCIコクサイだったり、全米だったりと差はありますが基本的に長期で見ればプラスが十分に見込まれる商品です。

私がもっているニッセイ外国株式も30%程度の利益を出しています。


自動積立で買い付ける手間がない

投信は自動積み立てで毎月一定額を強制的に積み立てることが可能です。
売買のタイミングなどを考えなくていいので本当に楽。

為替の買い付けタイミングを意識なくていい

米国株やETFだとドル⇔円の振替作業が発生します。
そのあたりの手数料、手間を考えるとやはり投信の方が楽です。

信託報酬も少しずつ下落傾向

直近だとどれも0.2%程度の信託報酬まで値下がりしており、ETFとの差も年々小さくなってきています。今後も手数料の見直しは継続されるはずなのでほぼ無視してもいいような金額に今後近づいていくことでしょう。



このように投資が人生の主役ではない人たちにとっては非常に管理が楽ですし、肝心の投資成績も投資対象は幅広く分散されており、基本的には右肩上がりの成長が見込めますので下手に個別株に手を出すより、リスク・リターンもともにいいと思います。

何やかんや良くできた金融商品ですね。



0 件のコメント :

コメントを投稿