システムの不評に定評があるマネックス



どーもです。
私米国株・ETFの多くをマネックス証券で運用しているのですが、どうも使い勝手が悪く毎度イライラします。


ネット証券のクセにUIがイマイチすぎる

私がSEをしているせいもあるのですが、職業がら色々なことが気になります。

口座の最新情報の反映が遅い

いつも大体外国株の評価額を見ると実際より2日~3日程度遅れた情報が表示されます。
特に直近で言うと、12/17時点でシステムにログインして外国株の残高画面を見たところ以下の状態でした。

12/12 って、、、そんな時の情報知りたくないわ、、

結局最新の資産の評価額を調べるにはいくつも画面を遷移してトレード専門の画面を立ち上げないと最新の情報が確認できません。



とにかく画面の操作性が悪い

基本的にシステムって説明書やHELPを見なくても直感的に操作ができることが重要になります。直感的というのはおそらく情報が整理されていて階層化されていることなのですが
マネックス証券はその辺がぐちゃぐちゃです。

分かりやすい例でいうと

ログイン____日本株(口座管理→取引画面)
               |__米国株(口座管理→取引画面)
               |__中国株(口座管理→取引画面)

こんな画面遷移ならわかりやすいですがマネックスは


ログイン____日本株(口座管理→取引画面)
               |__米国株(口座管理)
               |__米国株(取引ポータル→ログイン→取引画面)    
               |__中国株(口座管理→取引画面)

などような形になり無駄な画面遷移と階層が整理されていないため直感的に操作がしづらいのです。



ドルの買い付けタイミングが1日1回だけ

瞬間的に円高になって『あっ、チャンスドル転しよう』と思っても買い付けのタイミングが1日1回のため好きなタイミングでの買い付けができない。
また銀行口座からマネックス証券口座の入金が深夜だとできないなど制約があります。(深夜じゃないと仕事の関係上中々できないんですよね。。)


SBI証券の方がまだ良いかも

何となくですが、もともと別々で動いていたシステムを無理やり統合した結果今の様なツギハギ感満載なシステムになったのでしょう。

全体の構成を考えた上での設計ができていないため無駄な画面遷移が増えシステムが冗長になっています。その結果データ反映バッチ処理が必要となりリアルタイムでのデータの反映が出来ていないのではと思われます。

私の場合SBI証券の米国株の手数料がまだ高い時にマネックス証券の口座を開設してしまい、多くの資産をすでに運用してたため、資産がばらばらになるのが嫌でこのまま運用を続けてきましたが、新しく米国株の口座を開設する方ならSBI証券をお勧めします。

すでに手数料の改定がSBIでは実施され、マネックス証券と同水準までになりました。
そうすると画面の操作性やドルの買い付けなどもろもろ考慮するとSBI証券に分があると思います。特にSBIネット銀行を使っている人ならなおさら。

ずいぶん前から一向に改善されないこのシステム、、、
今までは手数料最安だからと目をつむっていましたが、他社に並ばれた今、何とかシステムの改善にマネックス証券は尽力してほしいところです。




0 件のコメント :

コメントを投稿