投資をするとケチになる説


どーも
スマフォを買い替えるか悩んでいます。今のスマフォは3年使っています。

最近ケチ?になってきた気がする

日々の支出で100円、200円レベルの節約は特に私は意識していません。
自動販売機でガンガン飲み物を買います。

ただ、数千円~数万単位の支出についてすごく敏感に最近なってきましました。
なぜこの金額に敏感になって来たかというと、おそらく米国株の配当金を意識し始めたことが大きいと思います。

1万円というと30万の元本を1年運用して得られる配当金と同じ価値です。
これを考えるとどうしても支出の時に『うっ、、』と思ってしまうわけです。

資産が増えるほど、これくらいの金額に対する支出のハードルが高くなってしまっています。

お金に対する考え方が変わって来た

お金を「消費」するものから「投資」するものという考えに変わってきたことが原因だと思います。節約をして投資して配当を得て、それすらもさらに投資をする。
資産が自己増殖する仕組みを作ることへの優先度が支出に勝ってしまい、ケチに磨きがかかってしまいました。

いうならば『消費家』から『投資家』に代わって来たということでしょうか。

このフェーズを超えると数千円程度の支出は気にしなくなるのでしょうが、当分はこの金銭感覚が続きそうです。




0 件のコメント :

コメントを投稿