1階に住むマイルドヤンキーの話



こんばんわ
私は今アパートの2階に住んでいるのですが、1階に30代中盤のヤンキー夫婦が住んでいます。ちょっとその話をしたいと思います。

いわゆる『マイルドヤンキー』一家です。

マイルドヤンキーとは、
マイルドヤンキーは学歴も年収も低めで、しかも出世等、社会階層の階段を登ろうという野心に乏しい。現状肯定的(社会に不満がないわけではない)で、社会改革を先導/支持したりという意欲にも乏しい。だが、地元志向で、結婚しても両親の近くに住み、夫婦共働きということになると、ある程度の世帯収入と可処分所得はある。 (出典:どっかのサイト)
のようなふわっとした定義です。

うちのアパートに住む一家も30代中盤で子供2人、ヒョウ柄のインテリアをした軽自動車を乗り回し、イオンやドンキーに良く出かけけている一家です。

私が家に帰ってくるとだいたい駐車場でタバコを良く吸っている(家は奥さんが怖くて吸えないらしい)し、夜になると子供を叱る怒号が聞こえてくるイケイケのファミリーです。

基本的にアパートの住人とは関わらない私ですがひょんなことから付き合いが始まってしまいました。

何とも言えない距離感

わりとグイグイこっちに来る

今まであまり付き合いのないタイプの人種だったので少し距離を置こうと思っていたのですが、グイグイ向こうからアプローチしてくるようになりました。(年が近いからかな。)
いつの間にか晩御飯に招待されたり、たまに家に来て宅飲みをする関係になりました。
これが、近所付き合いか、、、?と少し戸惑いながらもそんなに悪い気はしませんでした。

パソコンが全く使えない

パソコンを買ったけど夫婦そろって使い方が分からず悩んでいました。
ネットの接続方法やYouTubeのMP3化の手順などをなぜか休みの日に彼らの家を訪れて教えてあげていました。(←神扱い)

笑えたのが、タイピングがまったくできないこと。
『ょ』が打てないみたいで、メモ帳に自分が打てない文字を事前にまとめて置いて必要な時にコピペしているとのこと。

意外と義理堅い

パソコンの事を色々教えているせいか、ちょいちょい差し入れをくれます。
・スーパードライ(箱買い)
・カップラーメン(箱買い)
・エロDVD(無修正)

もう、いかにもって感じのモノばかりくれます。

大家には超厳しい

以前、大きめの地震があったとき水が出なくなったことがありました。
軽く彼に相談してみたら何故か彼自ら大家に鬼電、、、

『おめよ~、毎回毎回こんなトラブルばっかさ~』←個人的な過去の恨みをぶつけてる
『すぐ直せよ、こっちはマジで困ってんだよ~』←お前は困ってないだろ
『こなんポンコツでこの家賃は~』←あれ、家賃交渉のネタにされてる?

で、ひとしきり文句言って電話を切って笑顔で『すぐ直すって☆彡』の一言、
最高です。

他人との距離をズケズケ詰めてくるし、言いたいことも言うけどどこか憎めない愛嬌を持った不思議な人たちです。

そんな彼らも一戸建てのマイホームを買ったようで先日アパートを出て行ってしまいました。『またくるわ~』という意味不明な言葉を残して、、

静かになった一階が少し物足りない気がする今日この頃です。


0 件のコメント :

コメントを投稿