【都会】地方都市に住もう【田舎】



どうもです。
東京へ出張していました。相変わらず人が多くて疲れます。
都会に疲れて田舎に移住する人の気持ちが分かります。

私は今、某県のそこそこの地方都市に住んでいます。
かれこれ引越して5年程度になりますが、本当に居心地が良くて気に入っています。
出来れば一生住みたいとすら思っています。

若い頃は就職したら東京に出て暮らしたいと思っていましたが、今はさっぱりそんな気持ちは無くなってしまいました。
個別にちょっと見ていきたいと思います。

・そこそこ都会である
地方都市のため基本的な商業施設は駅前にそろっていますし、車で少し移動すれば大型のショッピングモールもあります。田舎とは違い、図書館や大病院などもあり基本的な生活には困りません。


・混雑していない
カフェや飲食店もそれなりの件数があるのですが、何といっても東京と比較しても店が空いているということです。広いスペースでゆったり読書しながら珈琲が飲めます。
東京でカフェに入ろうもんならまず長蛇の列を並んでギュウギュウの店内で珈琲をすする感じです。駅や朝の電車の混雑などはなおさらです。


・それでいて田舎
地方都市は街の範囲が非常に狭いため、駅前から自転車で20~30程度移動すればもう田舎になります。私の住んでるアパートの窓からも緑豊かな山々の景色が綺麗に眺めることができ心が落ち着く時間を過ごせます。
東京では窓の外は普通にとなりのアパートでしょう。窓を開ける気にもなりません。
休みの日は近所の山に出かけて散策や川遊びもできます。(川の水が普通に綺麗)


・最後に家賃
圧倒的に違います。
私はが住んでいるアパートは駅から徒歩15分ほどの2DKの物件ですが家賃は4.7万円です。東京ではおそらく10万は超えるのでは無いでしょうか?



東京は人が多いし、物価が高い、自然も少ないし何だが息が詰まる。
でも田舎は何もないし、不便だ。

そんな両方悩みを解決する場所が地方都市になると思います。
基本的に東京と違い、都市圏が小さいため本当に少し移動すれば一気に田舎になります。

そこの間辺りにうまく住むことができれば都市と田舎の両方のメリットを享受しながら生活することができます。

よくサラリーマンをリタイアして沖縄に移住だ、山奥に移住だなどの話がありますが、ある程度の便利さと自然の恵み、物価の安さを享受することができる地方都市への移住ということも考えてはいかがでしょうか?



0 件のコメント :

コメントを投稿