日本企業不祥事一覧 2017年


こんばんわです。
今年は特に企業の不祥事が目立った年でした。
ちょっと個別に振り返って見ましょう。


主要企業の不祥事 2017年

東芝

まずは粉〇会計の凍死場ですね。結局、前年から続くドタバタ活劇は今年も健在で東証2部への降格、そして6000億の増資が決定し何とか債務超過回避のめどが立った状態です。それでもなお半導体の売却やLNGの負債などまだまだ怪しい火種がくすぶっています。

タカタ

そして東芝より先に着地してしまったタカタ。こちらも以前から続いていたエアバックのリコール費用(1兆円以上とも)、上場廃止になりました。
超大手企業のまさかの上場廃止に驚いたものです。


神戸製鋼

品質データの偽装問題で揺れている神戸製鋼です。素材部品の不正だけあってすそ野が広く影響範囲が絞りこめていない状況です。
米国の自動車企業なども使用しており訴訟に発展しようものならタカタの二の舞になりそうです。こちらも予断を許さない状況です。

日産自動車

最終工程の検査を資格のない「補助検査員」が実施していたと発表。
全6万台の販売を一時停止すると発表。そのごリコールが発生し、追加コストは250億ともいわれ、組織ぐるみでの対応が露呈しました。


その他にも東レ、三菱マテリアル、SUBARU、東洋ゴムなど粉飾、不正、偽装などのキーワードが後を絶ちませんでした。

すべてに言えることは完全に『悪意』をもって上記の不祥事を起こしたことであり、日本の企業文化の低下が露呈される形になりました。



程度の差はあれど他の企業も、、、

基本的にはこれらの不正は現場の一社員の判断だけで出来ることではありません。
なんらかの形で上からの圧力があったことは間違えありません。

当然うちの会社でもシステム開発を生業にしているため、PJ原価が悪化して赤字になる、
品質が悪く品質対策のための追加コストが発生する、納期に間に合わないなど多くのトラブルを抱えることは日常茶飯事です。

その場合、上に報告を上げたとしても返ってくる答えに明確の指示はありません。
むしろ、『どうするの?』と逆に対策を求められます。
どうにもできないから上に報告を上げているのに、上からは要求を突きつけられるばかりで現場は追い詰められてしまいます。

その結果、行き着く先は上記の様な不祥事になるのではないでしょうか。
多かれ少なかれどこの会社も多少のことはしている、そんな気持ちになってしまう一連の不祥事でした。





0 件のコメント :

コメントを投稿