米国で破産する人の6割は医療費が原因という話


寒くなりましたが風邪などひいてませんか?
健康第一、健康が一番の節約であり投資ですね。

突然ですが、アメリカで盲腸の手術を受けた場合いくら費用が掛かるかご存知でしょうか?
保険込みの自己負担で110万円(保険なしなら550万円)とのことです。
日本だと自己負担で10万円程度ですので、いかにアメリカの医療がぶっ壊れているか分かります。

アメリカにも、皆保険制度(オバマケア)がありますが所謂民間の保険契約のため契約範囲外の医療費については一切支払いはされませんし審査も厳しいようです。

実際アメリカ国民の破産者の多くが医療費が払えずに破産しているようです。
医療費自己破産の話

これだけ高額の医療費を請求されたら、中間層でも一撃で破産する可能性があると思います。ちょっとショックという衝撃でした。

前述したような悲惨な状況が起こるのは、保険会社や製薬会社が政治と結託し医療法案を変えていることが原因のようでなかなか根深い問題のようです。(政治と医療は結構密接に関係があるようですね。)

米国の大手製薬会社や保険会社が大きく利益を上げ、株主に利益を還元している反面、その利益は法外な医療費を払っている患者から巻き上げたお金であるということ知らなくてはなりません。

そして何よりも恐ろしいことが、それらの企業は日本の医療も虎視眈々と狙っており、
日本もその流れに乗る可能性がある
ということです。

日本の皆保険を廃止しオバマケアのような民間保険に切り替える、もちろん制度としての善悪はあるとは思いますし、大いに議論しなくてはいけないことであるのですが、実際問題世の中の流れが多国籍企業主義の流れに舵を切り始めている以上、個人個人でそれなりの準備をする必要があると思います。

・まずは自分の健康を第一にする(体も心も)
・利益を上げている製薬会社、保険会社に投資をし医療費を回収する。

ということでしょうか、人の生き死にがお金で決まってしまう時代がこれから日本にも来てしまうのかもしれません。

アメリカではもう来ています。




0 件のコメント :

コメントを投稿