現ナマを久しぶりに見ると現金の重みを感じる


どーも。
福沢諭吉さんです、30人います。


生々しい画像で失礼しますが、諸事情により30万円を預金からおろしました。
大量の現ナマを見てちょっと戸惑っています。うーん、金持ち(興奮)

30万、、、毎月貰う給料ぐらいの金額です、または投資一回で30万くらい突っ込むこともよくあるので、ネット銀行や証券会社でのディジタルの数字上はよくやり取りをする金額です。

ただこの金額を実際におろして現金の厚みを体感するとそれが非常に重たいものに感じます。一カ月、一所懸命働いた見返りであることの重みを十分に感じることができます。

最近はすべてネット銀行やらキャッシュカード、電子マネーで現金の重みを感じる機会が少しずつ減ってきていますね。

自分は割とカードを使わず、現金決済をしています。
理由は現金の重みを感じたいから。
クレジットカードなども利用はしますが、基本的には会社の出張など経費で精算できるものと、超高額な買い物に関してのみと使用用途はかなり限定しています。

例えば1万円程度の買い物だったら基本的には現金で精算します。
正直カードを使うと全くお金を使った気がしないんです。

そして、カードの引き落とし月に一気に預金残高が減りびっくりしてしまうのです。
自分は週単位でお金のコントロールをするので引き落としが翌月に一括で落とされるクレジットカードがあんまり好きではありません。

当然カードのポイントや支払いを極力遅らせたほうがメリットがあることは分かっていますが、それ以上に使っている金銭感覚というものを麻痺させることに抵抗があります。

株式投資を始めて、数十万という金額をポチポチしていると忘れがちになりますが、たまには数十万、百万という金額に触れてお金の重みを再認識することも悪くないかもしれません。




0 件のコメント :

コメントを投稿