【決め打ち】40歳でリタイアした場合


とある動画で男は40歳で引退、という話を聞きました。
確かに、健康的に人生を楽しむ年齢を考えると40歳という年齢は節目かもしれません。

今の給与体系で進むと年300万程度貯金できる想定です。(運用利回りは無視)
40歳までだと、7年間働く想定なので300万×7年で 2,100万円の資産が追加されます。

よって現在の資産をプラスすると40歳の想定資産は5,200万程度となります。

この金額を仮に年3%程度で運用すると年間 156万の配当収入を得ることができます。
150万、、、、副業で年100万程度の収入を得たとしても250万円ですか。

ちょっとリタイアするには微妙な金額ですね。

この場合、計画を見直してリタイアする年齢を後ろにずらすことを検討する必要がありますが、やはり人生が有限であることを考えると極力リタイアする年齢は早くしたいところです。

そこで、逆に

個人的には最低リタイア後も年収でいうと350万程度は欲しいと考えています。家賃や住民税、健康保険も考えると結構妥当な金額だと思います。

例によって100万程度は副業で稼ぐとして、250万を配当収益として目指す必要があります。3%運用の前提とすると必要な元本は 8,300万円、、、、

やっぱり厳しいですね。
あと7年で5,000万を貯める必要があります。
年平均700万か、、、

やはり、リタイアの道は厳しいですね。

遠くを見ると辛くなるのでひとまずは目の前の資産を少しずつ積み上げていくしかありませんね。




0 件のコメント :

コメントを投稿