東京出張とミサイルの話


豊洲周辺に林立するタワーマンション群です。
核ミサイルが落ちるとこれらが、すべて吹き飛ぶのですね。

仕事の関係で東京に出張しています。

地方の生活に慣れた私としては、久しぶりの東京で少し人当たり気味の状態です。

有楽町線の混雑具合、東京駅丸の内の高層ビル群、豊洲近辺のタワマン、本当に人口は東京に一極集中しているんだと実感させられます。

先日、北朝鮮がミサイルを発射して日本を飛び越えた件の後でも東京ではなかったかのように日常が続いていました。

みなさん何も考えていないのか、考えないようにしているのかはわかりませんが、東京でJアラートのサイレンが鳴り響いたら混乱は半端ではないでしょう。

私個人としてはこんな時期に東京になんて行きたくないですが、業務命令なので行くしかありません。

実際ミサイルが飛んで来たらどうすることもできないと思っています。が、今回の北朝鮮の一件と東京出張はリアルに少し自分の死と向き合ういいきっかけになりました。

例えば満員電車に乗車中にミサイルが落ちる、身動きが取れないのだから避難も何もありやしないです。
寿司づめの電車の中で多くの人にもみくちゃにされ最後を迎えるわけです。

エレベータの中に乗っていれば爆発では死ななくても閉じ込められこちらも多くの人ともみくちゃにされながら身動き取れず死んでいくわけです。

どちらも、ごめんです。

特にこんな何十万人と死ぬような事件の中のそのうちの一人みたいな死に方は絶対に嫌です。

Jアラートがうるさいなど言う人も一部いるようですがこれは明らかに空襲警報と同じだと思うので、いまの日本はそんな危険な状態にあるということを十分認識する必要があると思います。

私たち個人で出来ることってなんでしょうね?

そんな感じです。



0 件のコメント :

コメントを投稿