各アセットの相場を振り返る



米国株が上がっていますね。
他のアセットはどうなっているのでしょうか?

米国株が上昇しているので、ここは一歩引いてみて他の相場はどうか少し調べてみようとおもいます。

ひょっとしたらヒャッハー投資のチャンスとなるかもしれないので。
調査対象は各指数10年チャート(SBI証券より)です。



日経225

2015年頃から2万円を天井としてボックス相場です。
これ以上の上昇は厳しいかもしれないですね。




インド

当面は右肩上がりで最高値を更新しています。
今後も成長は見込まれますが、割安というわけではないかもしれません。




アセアン各国

成長が見込まれるアセアン各国はどこも似たような動きですね。
特段大きく下げている国はなさそうですね。

インドネシア




マレーシア



ベトナム





ブラジル

経済崩壊しているとついこないだまで報道があったブラジルですが、2016年以降大きく回復しています。まぁスポット投資としては微妙ですね。




ロシア

他国が右肩上がりなのに、ロシアは冴えません。
原油安がやはり効いているのでしょうか。






チャートだけ見ると低迷期を抜け上昇基調でしょうか。
こないだ金ETFを売却したこともあり、今後も投資はしないと思います。




原油

50ドル前後でようやく安定してきたようです。
おそらくこの価格帯を前提とし、各企業が動くことになると思います。





各アセットを見てきましたが、基本的には新興国、アセアンを含め上昇基調でした。例外としてはコモディティ(特に原油)と原油に相関があるロシア株が振るいません。

スポット投資をするならロシアや原油となりそうですが、やはり原油価格が今後も上昇することが難しそうなので短期としても長期としても難しいところです。

結局は今まで通りコツコツ先進国、米国に積み立てるしかなさそうですね。
アセアンについては国独自の問題などで一時的に大きく下げるタイミングが来たら積極的に買い増していきたいですね。今は待ちですか。

投資は忍耐





0 件のコメント :

コメントを投稿