それでもダウは強かった


(google financeより)

ドーモです。
ダウがまた最高値を更新しました。

ここ最近は北朝鮮の地学リスクで相場が不安定でしたが、気が付けばまたダウが最高値を更新しました。

何なんでしょうかね。
大統領選挙も、戦争も、利上げも、すべてを折り込んだようにダウは上がっていきます。

ついこないだ2万ドルを超えたなどと騒いでいましたが、気づけは2万2000ドルを突破、2万ドルですら、もう暴落と呼んでいい数値になってしまっています。

今回の北朝鮮問題についても
ミサイル → 一時的に下げる → 強くリバる → ミサイル → 下げる → リバル ・・・ とまるで出来レースの様な展開です。

何が起きても成長し続けるダウはまるで意思のある生き物のようです。

これだけの上昇を見せられると、バスに乗り遅れることの機会損失と、相場が逆回転しだしたときの損失両方に対して不安を感じてしまい、なかなか身動きがとりづらくなってしまいます。


だだ、やはり北朝鮮の問題が解決するまでは当分ボラティリティの高い相場が続くと予想されます。

最終的にドンパチすることになったら、一時的にですが大きく下げることは間違いないと思いますし、日本にミサイルが落ちようもんなら投資どころではありません。

ただ、北朝鮮の問題が綺麗に解決した際は、また去年のトランプラリーの様な上昇相場が再来するかもしれません。

注意深く見守っていきたいところです。

日本が無事なら、、、、、



関連記事
ダウは長期的には10万ドルを超えていくかもしれません。
ダウ30年チャート

仕事時々投資のちリタイア


















0 件のコメント :

コメントを投稿