ナンピン投資をシミュレーションしよう!





長期投資につきものの下落相場
ナンピン買いをする方も多くいると思いますが具体的にどのような資金投入計画を立てるか少し掘り下げて考えてみたいと思います。

ナンピン投資にあたってのシミュレーションの前提を以下にまとめます。

①下落シナリオ
・リーマンショック想定で60%を想定し、その後もとの価格に戻る前提とします。

②ナンピンのタイミング
・こちらは10%下落ごと、20%ごと、30%ごと、60%一括の4パターンでシミュレーションします。

③資金計画
・下落直前に現金100万で保持しており、②のタイミングに応じて現金を追加投入します。


※補足
ナンピンの前提は下落した価格が戻ることが大前提になります。よくわらない振興株などでナンピンすることは戻るという前提がそもそも怪しいのでお勧めできません。
基本的にはS&P500などの指数が適切だと思います。


①まず10%下落ごとにナンピン投資を行う想定
・1回あたり17万投資想定、計6回投資

 投資元本100万→139万


②次に20%下落ごと
・1回あたり33万投資想定、計3回投資

 投資元本100万→178万


③次に30%下落ごと
・1回あたり50万想定、計2回投資

 投資元本100万→196万


④最後に60%下落一括買い
・1回で100万すべて投資

 投資元本100万→250万


上記の結果となりました。

やはり、ナンピンの回数が少ないほうがリバウンド後の利益は大きくなることが分かります。

しかし下落の底値を見極めることは相当難しいことです。そもそも60%の下落が起こりうるかも不明な状況ですし。④のタイミングは無理だと思います。

個人的には②の20%下落ごとの追加投資ぐらいが適当でないかと考えています。





0 件のコメント :

コメントを投稿