【一攫千金】宝くじについて【愚者の税金】




どーもです。
サマージャンボ宝くじの当選が今日発表されました。
1等前後賞合わせると7億円らしいです。

当たらないと分かっていても魅力的です。
いやー、ヒャッハー!!したいですね。(自分は買ってない。)
宝くじの、1等が当たる確率は何%だとか、還元率は何%だとかはネットで調べれば色々出てくるので省略します。

ここでは如何に当たらないかを体感してもらいたいので以下のサイトでちょっと試してもらいたいです。

Web宝くじシミュレーター
ひたすら宝くじを買い続け、当選結果を反映していくシミュレーターです。


画像は自分が途中まで実行した結果です。(面倒なので途中でやめましたが)
結果は

購入枚数:5,582枚
当選枚数:617枚:内3等(10万以上)は0枚・・・
損益:-133万円

という悲惨な結果でした。
正直全く当たる気がしません。

これだけ当たらないにも関わらず、毎年多くの人が購入するのはやはり『億』というお金は人生を変えることができる金額だからなんですかね。

正直、これを妄想するだけで結構楽しめますが、昔ならホントに消費に使うことしか考えていなかったと思います。ただ資産運用をある程度経験した今、『億』というお金についての考え方が少し変わってきています。

7億円を仮にVYMで運用したら、年間配当金ベースで
7億×0.025% = 1750万 の収入が入ってきます。(さらに長期で見ればキャピタルゲインも見込めますね。)

これだけの収入があれば、個人的にはもう満足。
この金額内で豪遊して過ごします。(妄想ですけど。)

この考えは資産運用を始める前までは決してありませんでした。お金は『使うもの』から『増やすもの』へと考えが変化したのです。
ですのでおそらく高額当選しても元本には基本手をつけないと思います。(妄想ですけど。) はぁ、、、


最後に高額当選者のその後の人生は幸せでない場合もあるとの話も聞きます。昨日と今日で劇的に人生が変わってしまう。仕事をやめる、家を買う、クルーザーを買う色々人生を一変させる行動ができてしまうからです。

今年の当選者はどんな人生を今後送るのですかね?(他人ごと)


0 件のコメント :

コメントを投稿