長期投資が続かない人へ




最近仕事が忙しいです。

8月に入ってから、新しい開発PJが始まりスケジュールとタスク管理等色々忙しい日々を過ごしています。
本業の仕事が忙しくなると基本的に頭の中は仕事で9割がた埋まってしまいます。あとは食べることと寝ることぐらいしか考えなくなります。

仕事に余裕があるときは電車の中で株価のチェックをして、売買のタイミングを考えてしまいじっくり待てなかったりする場合があるのですが、仕事が忙しいくなるとそんなことを考えている暇がないため、気付いたら大きく下げていたとか、上げていたみたいなことがよくあります。

これって実は投資のスタンスとしては結構好ましい状態だと思います。

相場を見る機会が増えるとやはりどうしてもエントリーしたくなるポイントというのがちょこちょこ出てきて気になってしまいます。それが無駄な売買につながるのですが、仕事が忙しいと結果的にじっくりと待つ投資ができるわけです。

先日もダウが大きく下げたとう情報は聞きましたが、それを考察して売買のタイミングか判断する余裕は無いため、じっくり腰を据えた?投資ができています。


どこかのニートが『FXはたまにやると勝つ』ということを言っていましたが、個人的には
これは当たっていると思います。私とニートの彼とではそこにだどりついた経緯は180度違いますが、結論は非常に似ていると思います。要は売買が多い取引は負ける可能性が高いということです。

今は毎月最低限の投資信託の積み立ては自動で行っていますが、タイミングを見たスポット投資は当分しない(できない)と思います。

『考えるまでもなく買い』のタイミングはまではおそらく脳が投資に向かわないのでしばらくは投資に関しては落ち着てい取り組める気がします。正直、ダウの値動きより今週の進捗会議をどう乗り切るかで頭がいっぱいです。

なのでなかなか長期投資ができない、頻繁な売買を繰り返してしまう、そこのあなたにお勧めな対策は『とにかく仕事に集中すること』だと思います。ただ、生活が荒れてくるので生き方としてはお勧めできないですが。

ああ、進捗の遅れをどうやって挽回するか、、、
最近はそればかり考えています。




0 件のコメント :

コメントを投稿