道は開ける(毎日が辛いあなたへ)



どうもです。
仕事、家族、お金、色々うまくいかないことが多い現代社会で時々心が折れてしまいそうになることがよくあります。そんな時、あなたの心を少し楽にしてくれるかもしれない一冊を紹介したいと思います。

道は開ける 
   著:デール・カーネギー


この本は誰かひとりの思想、考え方を押し付けたものではありません。著者のカーネギーが様々な悩みとその解決方法を分析し、心理学、精神医学、哲学、宗教など様々な観点からの解決方法をまとめたものです。

大げさな言い方をすれば、悩みに対処するための人類の英知が詰まった本です。

色々な人の悩みを分析し、それぞれどのように乗り越えてきたのかを客観的に捉え、具体的なエピソードを交えて紹介しています。

いわば悩み解決の辞書の様なもので私自身、何かメンタル的に不安なことがあったら、パラパラとこの本を開いて不安との向き合い方を探したりします。仕事で追い詰められた時にこの本に出合って、ずいぶん救われました。

よくある、『ありのままの君で』とか『ありがとうを忘れずに』見たいな内容では無くとにかく悩みに対するアプローチの仕方が具体的なんです。

本を読んで印象に残った部分に線を引くのですが、本を読むたびに線を引く場所が変わります。つまり悩みの種類やその解決の方法、考え方は状況に応じて変わるということです。この本を一冊読めばだいたいの悩みのパターンは網羅できます。


何度も何度も手に取って読み返す価値のある名著です。
人生に行き詰っている方はぜひ。






0 件のコメント :

コメントを投稿