ロイヤル・ダッチ・シェル株を追加購入



どうもです。
ホタテっておいしいですよね。寿司でもソテーにしても、ピザの具なんかでもイケルしあの肉厚で甘味のある食感が大好きです。

ホタテマークでおなじみの会社の株を追加で購入しました。

以下が最新のチャートです。
ロイヤル・ダッチ・シェルはアメリカにADRとして上場しており、オランダ株のRDS.Aとイギリス株のRDS.Bの2種類があります。

AとBはオランダとイギリスの税制上の違いで配当にかかる税金はRDS.B株の方が有利です。7月末時点では配当は6.6%になります。

以下の値動きをしています。(google financeより)


2016年に原油安の影響をもろに受け下落その後、緩やかに回復している状況ですがおそらく今後は以前の様な株価に戻ることはないかもしれません。
それでも配当6.6%はかなり魅力であり、今後もある程度、期間を分散して少しずつトータルで100万くらいを目安に買い付けていきたい銘柄です。

今現在では45万程度保有しているのでもう少し増やしていこうと思っています。

シェールガスの台頭を受け、原油価格は今後大きく上昇することは殆どなくなると思います。エクソンモービルをはじめとした石油のスーパーメジャーは今後厳しい事業展開が予想されます。


以下はWTI原油チャートです。

2014年以降原油価格が急落し、その後概ね50ドル以下の推移が続いています。
以前のように100ドルを超えることはないでしょう。


ただ『原油価格が上がらない』→『利益が出ない』、と結論づけるのは早計です。


石油業界に限らず、企業は常に『カイゼン』を積み重ね収益を上げてきた歴史があります、古い企業ならなおさらです。
つまり、今の原油価格帯でも利益を出せる仕組みをおそらく構築してくるはずです。投資家の期待値が低い分、利益が出れば株価は大きく伸びる。そして高配当が下落を下支えする。そのあたりの希望もあるので、少しずつ今後も買い増しを行う予定です。


よく水素エネルギーだ、太陽エネルギーだ、メタンハイドレートだ代替エネルギーの話を聞き、石油は今後消えていくエネルギーだということを耳にします。ただタバコなども同じようなことを言われ続けて久しいですが、それでもしぶとく生き残っています。個人的には石油も同じ類のしぶとさを感じます。


今の人間の生活に深く入り込みすぎているため、すぐにパラダイムシフトが起きるとはどうしても思えない。そんな感じです。



0 件のコメント :

コメントを投稿